イオン 岡山 周辺 創志学園高  「一戦必勝で勝ち上がる」(  岡山駅で 号外も・・・)

 「よっしゃー」。待ち望んだ吉報にナインが何度も雄たけびを上げた。27日、選抜高校野球大会に2年連続3度目出場を決めた創志学園高(岡山市北区下伊福西町)。岡山勢の同一校による3季連続甲子園は、2005年春から07年春まで5季連続の関西高以来となる。「今までやってきたことは間違っていなかった」。長沢宏行監督(63)は喜びをかみしめた。 創部は10年4月。半年後の秋の中国大会で準優勝と躍進し、翌春のセンバツ切符をつかんだ。発足1年目での甲子園は「戦後最速」。東日本大震災により開催か中止かで揺れたが、命の尊さを訴えた野山慎介主将(現東海大4年)の選手宣誓は大きな感動を呼んだ。 あれから6年。新鋭校は、伝統校ひしめく岡山高校球界で確かな地位を築いてきた。県大会は2度優勝(13年秋、16年夏)、秋の中国大会へは5度進出。長沢監督は「結果を残すことでレベルの高い選手が集まり、良い競争が生まれてきた」。昨年は春夏連続で聖地の土を踏み、今回はそれに続く舞台だ。 着実に力を付けた背景には充実の指導体制がある。 5人いるコーチのうち4人は長沢監督がかつて率いた神村学園高(鹿児島)と環太平洋大(岡山市)の教え子。長所を徹底して伸ばす?。恩師の考えを熟知する指導陣が内野、外野、バッテリー、打撃の担当に分かれ、個々の選手に目を配る。神村学園高時代に監督と主将の関係で05年選抜で準優勝した大長秀行コーチ(29)は「監督の胸の内は言葉を交わさなくても分かる。それは迷いのない指導につながる」と話す。 創部7年で春夏通算4度目の甲子園に挑む。「自分たちの強みは粘り。特長を出し、一戦必勝で勝ち上がる」と山本蒼主将(2年)。冬場の鍛錬でたくましさを増したナインが新たな歴史を積み上げる。


/////
センバツへ、創志が2年連続切符

89回選抜高校野球大会(3月19日から12日間・甲子園)の選考委員会が27日、大阪市内で開かれ、出場32校が決まった。郷土勢は創志学園(岡山)が2年連続3度目、呉(広島)は初選出。創志学園は昨夏を含め3季連続、呉は春夏通じて初の甲子園となる。 岡山は3年連続、広島は3年ぶりのセンバツ切符。 創志学園(岡山市北区下伊福西町)には午後3時半すぎ、出場決定の知らせが届き、部員60人が帽子を高く投げるなどして喜んだ。 昨秋の県大会3位の創志学園は、中国大会で4強入りした。準々決勝で県覇者の関西を撃破。準決勝は優勝した宇部鴻城(山口)に敗れたものの、2-3と接戦を演じた。呉は初出場の中国大会で準優勝だった。 昨春の選抜1回戦で創志学園は東海大甲府(山梨)を下し、創部6年目で初の甲子園勝利を挙げた。春夏通算4度目の聖地ではさらなる活躍が期待される。 組み合わせ抽選会は3月10日に大阪市内である。

/////


iPhone 買い替え メモ  「買い換える価値」は本当にあるのか? (iPhone 6 VS iPhone 6s VS iPhone 7 の違い)


iPhone と Xperia (Androidスマホ) の2つスマホの比較(危機管理としての「スマホ 画面割れ」のケース)
/////