つれづれなるままの岡山駅・「イオンモール岡山」  GPSの周辺から イオン 中心 グローカル 366 GPS aps

つれづれなるままの 岡山駅・「イオンモール岡山」GPSの周辺から イオン 中心 グローカル 366 GPS aps

2016年04月

イオン 岡山 周辺 春の烏城灯源郷と幻想庭園が開幕 岡山城と後楽園

岡山城(岡山市北区丸の内)を光で彩る「春の烏城灯源郷」(同市、おかやま観光コンベンション協会、山陽新聞社でつくる実行委主催)が29日始まった。隣接の後楽園でも「春の幻想庭園」(岡山県、後楽園魅力向上委員会主催、同市、山陽新聞社共催)が同時に開幕し、園内をライトアップ。岡山を代表する二つの観光スポットが幽玄な雰囲気に包まれた。ともに5月31日まで。
 岡山城では天守閣前広場に長椅子を用意。来場者が腰を掛け、暗闇に浮かび上がった天守閣をゆったりと眺めた。中段広場には、竹筒の側面に穴を開けて模様を施し、中にキャンドルを入れた「竹あかり」が並び、家族連れやカップルらが見入った。
 家族6人で訪れた玉野市の会社員男性(59)は「昼間とは違い、幻想的な雰囲気。夜の岡山城も美しい」と話した。
 後楽園では、園内を流れる曲水に沿って発光ダイオード(LED)などを飾り付け、芝生広場や水辺をほのかに照らした。かつて岡山藩主が休憩所として利用した建物「流店」に映像を投影するプロジェクションマッピングも繰り広げた。
 岡山城、後楽園とも点灯は午後6時-9時半(入場は同9時まで)。期間中、弦楽演奏会(5月3日、後楽園)、カクテルフェア(同4日、岡山城)など多彩なイベントを予定している。
 烏城灯源郷、幻想庭園はこれまで夏や秋に開かれてきたが、JRグループなどの大型観光企画「晴れの国おかやまデスティネーションキャンペーン」(4-6月)に合わせ、初めて春に企画された。

イオン 岡山 周辺 幻想庭園と烏城灯源郷 29日開幕 後楽園、岡山城

岡山市北区の後楽園、岡山城をそれぞれライトアップする春の「幻想庭園」と「烏城灯源郷」が29日、開幕する。試験点灯が28日夜、両会場で行われ、一足早く柔らかな光で彩られた。
 幻想庭園は岡山県、後楽園魅力向上委員会が主催し、岡山市と山陽新聞社が共催。烏城灯源郷は岡山市、おかやま観光コンベンション協会、山陽新聞社でつくる実行委が主催。これまで夏や秋に開かれてきたが、JRグループなどの大型観光企画「晴れの国おかやまデスティネーションキャンペーン」に合わせ、初めて春に企画された。
 試験点灯は午後6時半ごろにスタート。後楽園では、投光器に照られた鶴鳴館や延養亭が闇夜に浮かび上り、和傘や竹籠に明かりを配した芝生広場がほのかな光に包まれた。
 岡山城は廊下門や天守閣前広場などにちょうちん、キャンドルといった約900点の明かりが並び、幻想的な雰囲気を醸し出した。
 点灯はいずれも5月31日までの午後6時-9時半(入場は後楽園、岡山城とも同9時まで)。期間中、後楽園では建物に映像を投影するプロジェクションマッピング(5月15日まで)、特産品を販売する旬彩市場(同8日まで)など、岡山城ではカクテルフェア(同4日)、マグカップ作り(同6日から、1個千円)などがある。
 入園・入場料は後楽園が大人400円、高校生以下無料、岡山城が大人300円、小中学生120円。共通券は560円。

イオン 岡山 周辺  「神戸セレクション」  天満屋岡山店で神戸の物産並ぶ

神戸の食品や工芸品などを集めた「神戸セレクション」が28日に天満屋岡山店(北区表町2)で始まる。「親善大使スマイル神戸」の額田星香さん(20)が27日、北区の毎日新聞岡山支局を訪れ、「物産展に来て、神戸にも遊びに来てほしい」とPRした=写真。

 初出店9社を含む46社が出品。ロールケーキの有名店や神戸牛を使った「神戸ビーフプレミアコロッケ」などをそろえる。神戸で加工された真珠のネックレスの販売コーナーも。5月5日まで。問い合わせは同店(086・231・7111)。

( 岡山 高島屋 の 北海道 もいいかも!)


イオン 岡山 周辺 後楽園前を彩るこいのぼりと灯籠

岡山市・後楽園の門前に位置する同市北区出石町一帯で29日、多彩な図柄のこいのぼりを商店や民家の軒先に飾る「アートこいのぼり」と、広場に並べた備前焼の灯籠にろうそくの明かりをともす「出石灯(ともし)」の催しが始まる。こいのぼりは6月5日までつるし、出石灯は5月27日までの金曜に行う。
 アートこいのぼりは、全長100-60センチの約100匹が後楽園通り沿いを彩る。地元住民らが白地に自由に描いており、虹のようなグラデーション、アニメのキャラクター、うろこを色の違うハートマークにしたものなど、工夫した作品が目を引く。
 出石灯の灯籠は高さ30センチ、直径14センチの円筒形。住民らが手作りし「出石」の文字を題材にしたロゴマークや星形などがくりぬかれている。後楽園口交差点近くの広場に約70基を置き、日没から2時間程度点灯させる。
 両イベントはにぎわいづくりや観光客らに楽しんでもらうことなどを狙いに、地元商店主らでつくる団体「出石アートワールド」が企画。こいのぼりは昨年、出石灯は2014年から行っている。問い合わせはカフェ「Antenna」(086 221 9939)。

イオン 岡山 周辺 岡山駅東口バス乗り場が配置替え

JR岡山駅東口バスターミナルの乗り場が28日、方面別を中心にした配置に切り替わった。新たに岡山県庁と法界院駅前の2方面の乗り場を集約。方面は、2013年4月に整理した岡山市役所、日赤病院(岡山赤十字病院)の2方面と合わせて4方面になった。
 県庁方面は9-11番に、法界院駅前方面は12、13番にそれぞれまとめた。これに伴い、他の乗り場も一部変更された。
 この日、同ターミナルに乗り入れているバス会社7社の社員らが始発の午前6時台から順次、停留所付近に立って案内。利用者に乗り場の変更を伝えたり、更新されたばかりの案内板を示したりして、新しい乗り場に誘導した。
 これまで同ターミナルの乗り場は会社別の配置だった。利便性向上を目指し官民で10年余りの検討を重ね、再編した。
 ただ、利用者の中には変更に気付かず、旧乗り場でバスを待っていた人も。また大学4年の女性(21)=倉敷市=は「いつも利用している乗り場が駅から遠くなり、電車からの乗り継ぎが不便になった」と話した。
 県バス協会は「乗車の多い4方面別化に理解を求め、周知徹底を図りたい」と話している。

イオン 岡山 周辺  GWは食や自然満喫の催し多彩

もうすぐゴールデンウイーク。家族や友人同士で楽しめるイベントが各地で開かれる。岡山県内を中心に期間中の催しを紹介する。
 ◇KiZOO(キッズー)フェスティバル
 29日〜1日と3〜5日、岡山市北区京山の池田動物園(086—252—2131)。ウサギやペンギン、フラミンゴとの触れ合い体験などが楽しめる。期間中、中学生以下の先着800人に菓子をプレゼントする。
 ◇春の幻想庭園と春の烏城灯源郷
 29日〜5月31日、岡山市の後楽園(086—272—1148)と岡山城(086—225—2096)。開場時間を午後9時半(入場は同9時)まで延長。後楽園の鶴鳴館や岡山城天守閣などをライトアップし、幻想的な美を演出する。共通券は大人560円。高校生以下無料。
 ◇端午の節句だ! 後楽園
 5日午前10時〜午後8時半、岡山市の後楽園(086—272—1148)。後楽園にちなんだオリジナル紙芝居や手作りおもちゃ教室を開催。綿菓子作りやメンコ、輪投げなど昔遊びのコーナーもある。

イオン 岡山 周辺 路面電車MOMOに備前焼飾る

岡山市街地を走る岡山電気軌道(同市中区徳吉町)の路面電車「MOMO」に27日、備前焼がお目見えした。5月21、22日に東山公園(同東山)で開かれる展示即売会「ひがしやま備前焼市」のPRが狙い。
 大胆なフォルムに窯変が映える花器、白い土肌に緋襷(ひだすき)の流れる陶板、リボン付き帽子をかたどったオブジェなど、2両編成の車内に7点を展示。作品を写真で紹介するポスターや、備前焼の器で提供する同市中心部の飲食店一覧も掲示した。
 備前焼市は、両備グループ(岡山市北区錦町)が作家や窯元と連携して取り組む地域活性化事業。約3千点が並ぶほか、制作体験もできる。電車は5月30日まで清輝橋線を1日23往復(火曜運休)し、車内に飾られた作品が自ら広告塔となって魅力をアピールする。

イオン 岡山 周辺 GW 岡山市中心部で催し続々

 ゴールデンウイーク(GW)恒例の大売り出し「ゴールデンフェスタ岡山2016」(岡山市商店会連合会、山陽新聞社主催)が5月3-5日、同市中心部の商店街や商業施設で開かれる。
 表町、岡山駅前、奉還町の各商店街に計約500台のワゴンを並べ、衣料や雑貨を割安で販売。表町にブロック遊びや段ボールを使った工作ができる「プレイパーク」が登場するほか、たこ焼きやウナギのかば焼きを販売する「グルメ屋台」(駅前)、オリジナルアート作品を展示・販売する「アートバザール」(奉還町)といった催しを展開する。
 百貨店やショッピングセンターでは、音楽ライブやジャグリングショーを行う。
 フェスタはGWの市中心部のにぎわい創出を狙いに毎年開き、30回目。問い合わせは同連合会事務局(086 803 1323)。
 ◇
 GW中、岡山市中心部の商業施設ではこのほかにも買い物券が当たるスタンプラリーや抽選会といったイベントが開かれる。
 【スタンプラリー】JR岡山駅周辺の岡山高島屋、イオンモール岡山、ビックカメラ岡山駅前店、ドン・キホーテ岡山駅前店で、29日-5月8日に実施。各施設を巡り、1080円以上の商品購入やアプリ登録など一定条件をクリアするとスタンプがもらえる。四つ集めると、計132人に各施設が用意するプレゼントが当たる抽選に応募できる。景品は岡山高島屋で使える1万円分の商品券(10人)など。
 【リニューアル・キャンペーン】山陽SC開発が29日、JR岡山駅構内のさんすて岡山西館をリニューアルオープンするのに合わせ企画。さんすて岡山と岡山一番街で当日買い物したレシートを一番街インフォメーションなどに提示すれば、購入合計5千円で500円分の買い物券などをプレゼントする。5月1-8日は、先着800人に同社の施設で使える6千円分の買い物券を5千円で販売。GW中、グルメイベントや音楽ライブもある。
 同西館は初の全面改装で、2、3階にカジュアル衣料の「ジーユー」を誘致、4階の家具・インテリア店「ウニコ」を拡充する。
 【買い物券抽選会】合同販促組織「E bond O(イーボンド)」が29、30日、天満屋岡山店、クレド岡山、岡山高島屋、岡山一番街、さんすて岡山で使える共通買い物券が当たる抽選会を開く。抽選会はさんすて岡山を除く4施設で行い、参加費5千円で、1等5万円(8本)、2等1万円(120本)などの買い物券が当たる。外れても元金(5千円)分がもらえる。両日とも午前10時スタートで、各日・各会場先着250人。

//////
 【買い物券抽選会】合同販促組織「E bond O(イーボンド)」



お買物券抽選会 4月29日(金・祝)・30日(土)
ハズレなしの抽選で参加費5,000円をお支払いいただくと
最大5万円分の5施設共通お買物券をプレゼント!
※有効期限:平成28年6月30日(木)当日まで / 総本数 2,000本
※岡山一番街・さんすて岡山・岡山髙島屋・岡山天満屋・クレド岡山でご利用可能なお買物券です。
※岡山一番街・さんすて岡山のみ、駐車サービスの対象外になります。ご了承ください。
【開催期間】
4月29日(金・祝)・30日(土)10:00~無くなり次第終了  ※各日・各会場 先着250名様 ※お一人様1回限り
 
【抽選会場】
・岡山一番街 ハレチカ広場 ・岡山髙島屋 地下1階 西入口前・クレド岡山 1階 特設会場・岡山天満屋 地階 特設会場(パブロ前)
 【お買物券】
1等 イーボンド加盟施設共通お買物券 50,000円( 8本)
2等 イーボンド加盟施設共通お買物券 10,000円(120本)
3等 イーボンド加盟施設共通お買物券 6,000円(800本)
4等 イーボンド加盟施設共通お買物券 5,000円(1072本)

※イーボンド加盟施設共通お買物券についての注意事項
・お買物券は上記施設の店舗でご利用いただけます。
・お買物券は1,000円のお買い物券としてご利用いただけます。
・お買物券の現金とのお引換えはいたしません。
・お買物券はおつりをお出しいたしません。
・お買物券を紛失・盗難されても再発行いたしませんのでご注意ください。
・お買物券は地金類・商品券・各種ギフト券・印紙・切手・その他特に指定する商品及びサービスにはご利用いただけません。
・お買物券のご利用は表面に記載の有効期限内<平成28年6月30日(木)当日まで>に限らせていただきます。
※店舗によりご利用いただけない場合がございます。
※ご確認は各施設にお問合せください。


//////

イオン 岡山 周辺 社会実験時に中心部回遊性高まる

岡山市は26日、スマートフォンの衛星利用測位システム(GPS)機能を使って、モニターの市民ら延べ約2400人が市中心部でどう移動するか追跡した初の回遊調査の結果(速報)を発表した。イオンモール岡山(北区下石井)と天満屋岡山店(同表町)の間を歩いて行き来するメイン道路は県庁通りで、社会実験を行った際は回遊性が高まった。市交通政策課は「交通量調査ではつかめなかった回遊の全体像が把握できた」としている。
 調査は昨年10月の土日曜に計6日間実施した。県庁通りを車線規制して歩道を広げるなど社会実験を行った日(10、11日)は、県庁通りを経由してイオン周辺と天満屋周辺を行き来する人が、通常の土日に比べて増加。街中を歩いて回った人の割合も通常時の31%に対し50%だった。イベントが開かれていた下石井公園(同幸町)や石山公園(同石関町)まで足を延ばしたケースも目立った。
 各施設周辺を訪れた人の年齢別は、イオン周辺は40代(33%)、30代(23%)の割合が高かった。一方、天満屋周辺は30代(33%)が最も高く、次いで40代(30%)だった。
 モニターの市民らは事前に登録。所有するスマホに調査用アプリをダウンロードしてもらい、1秒ごとの位置情報を収集した。速報では、徒歩で移動した人のみのデータを集計した。
 膨大なデータから人の行動パターンを探る「ビッグデータ」活用の一環で、2016年度末までに移動ルートや移動場所、滞在時間を精査する。
 大森雅夫市長はこの日の記者会見で「イオン開業はもちろん、社会実験やイベントの効果で街中に人の流れができている。調査の詳細な分析を行い、中心市街地活性化に向けた施策に生かしたい」と話した。

イオン 岡山 周辺 後楽園 春の園遊会

◇池田厚子さん招き300人出席

 岡山市北区の岡山後楽園で25日、天皇陛下の姉、池田厚子さん(85)を招いた春の園遊会が開かれ、県内の政財界などから約300人が出席した。

 池田厚子さんは、岡山藩主だった池田家の16代当主・隆政氏(故人)の妻。園遊会は、岡山市発展の基盤を作り、都市機能や教育文化の充実に功績を残した池田家をたたえ、岡山後楽園の魅力を発信しようと、昨年から開催されている。

 会場では、岡山商工会議所の岡崎彬会頭が「新田開発や教育振興など、岡山の発展に尽力した池田家の恩恵に、私たちは今でもあずかっている」とあいさつ。鶴鳴館前では、厚子さんを囲んで記念撮影が行われ、伊原木知事は「お元気そうで、いつものように穏やかな表情でいらっしゃった」と話していた。

イオン 岡山 周辺 表町商店街に人気のパン店集合

アパレルメーカー・ストライプインターナショナル(岡山市北区幸町)は5月14、15日、岡山市・表町商店街で岡山県内の人気パン店を中心に集めたイベント「ストライプマルシェ」を開く。地域活性化事業の一環で初めて企画した。
 商店街北部の上之町商店街のアーケード通りに、素材や食感にこだわる岡山、倉敷、総社市などのパン16店をそろえる。天然酵母を使ったパン、もちもちとした食感の米粉パンなどを扱い、和洋菓子やコーヒー店も含め計30店が並ぶ。
 同社が2月に設けた「本社企画部」が考案した。地域活性化イベントの企画・運営に当たる部署で、岡山県はパンの消費量が多いとされ、多彩な店がそろうことから企画した。
 今後もテーマを変えながら定期的に開く方針で、ストライプ社は「岡山の食の魅力を掘り起こしながら、地域を活気づけたい」としている。

イオン  岡山 周辺 岡山でGWも学生らが献血呼び掛け JR岡山駅

JR岡山駅の噴水横で4月29日、岡山県学生献血推進連盟「S.B.D.Momo」が献血を呼び掛ける「晴れの国献血キャンペーン」を行う。


  岡山県には医療機関も多く、1日に240人の献血が必要とされている。人口比率による献血者数、献血量ともに全国3位と増加傾向にあり一昨年より献血供給率も100%を超えている。10?20代の若者世代の献血者数が減っている中、同連盟の貢献度は高い。街頭の呼び掛けのほか、ツイッターでリアルタイムに情報を発信するなど、約200人の学生ボランティアが活動している。

  「若い人の力が未来をつくっている。楽しく活動できていることが全国3位にもつながっている。2027年に最も血液が不足するピークを迎える。献血が身近になり、助け合える世の中になってほしい」と岡山県赤十字センターの廣江善男さんは話す。

  「事故やけがで輸血が必要な人が多いように思われているが、ほとんどは病気、しかもガン患者が必要としている。誰でもできる献血で助かる命があることを知ってほしい」とも。

  愛称が決まった「献血ルームうらら」では、木曜・金曜に献血するとハーゲンダッツアイスがもらえるなど午後限定キャンペーンを行い、献血者数の向上を目指している。

  開催時間は10時30分-12時30分、13時30分-17時。

イオン 岡山 周辺 「岡山ロッツ」全館リニューアル 岡山表町周辺

商業施設「岡山ロッツ」(岡山市北区中山下)が全館リニューアルし、9月1日にグランドオープンする。核テナントの雑貨専門店・ロフトの売り場を2割広げるほか、家具インテリアのニトリを新たに誘致。2000年の開業以来、最大規模の改装となる。
 岡山ロッツは地上6階地下1階で、売り場面積は約1万5千平方メートル。計画では、1-4階の一部に入っていたロフトを2、3階に集約して売り場を約2割拡大。5、6階にはニトリが入る。5階の生活雑貨「無印良品」は4階に移り、約4割拡張する。
 岡山ロッツは、JR岡山駅南に14年12月開業したイオンモール岡山(同下石井)の影響などで、売り上げが減少。複数のテナントが同モールへ移るなど空き区画が生じており、大幅改装で巻き返しを図る。岡山ロッツは売上高、投資額のいずれも公表していない。
 他の既存テナントも配置換えし、ロフトが6月3日にオープンするなど順次営業を始める。テナント数は改装前の31から24となる。既に改装に着手しており、全館閉鎖はせず、一部店舗を休業しながら工事を進めていく。
 岡山ロッツは「雑貨部門を強化するとともに、工作体験などができる『コト消費』を充実させ、集客を図りたい」としている。
 同施設は天満屋(同表町)と中山下黒住ビル(同中山下)、イズミ(広島市)の共同出資会社「ロッツ」が運営している。

イオン 岡山 周辺 おかやまマラソン フルが定員突破

 岡山市で11月13日に開かれる「おかやまマラソン2016」の実行委員会は25日、フルマラソンの申し込みが定員の1万5千人を突破したと発表した。4・5キロのファンランも定員(千人)を上回る1042人に達した。いずれも5月23日まで受け付け、抽選で決める。
 21日からインターネット専用サイトなどで受け付けており、25日午前7時までで集計した。フルマラソンは居住地を問わない一般枠(定員1万3千人)に6195人の応募があり、20日まで先行募集した県民優先枠(同2千人)の8816人と合わせ、総定員を超える1万5011人となった。
 抽選の結果は県民優先枠が5月17日、一般枠とファンランが6月21日に通知予定。県民優先枠の抽選で漏れた場合は自動的に一般枠の申込者として扱われる。エントリーに関する問い合わせはコールセンター(0570 783 178)。

イオン 岡山 周辺 熊本地震 被災者にメッセージを 岡山城

岡山城(岡山市北区丸の内)で29日開幕する「春の烏城灯源郷」を前に、主催する「おかやま城下町物語実行委員会」は27日、熊本地震の被災者支援の思いを込めた竹筒「竹あかり」を作るワークショップを行う。竹筒には内部にろうそくを入れ、5月末までの会期中、中段広場などに配置する。
 「竹あかり」は、竹筒の側面にドリルなどで穴を開けて描いた模様を、ろうそくの灯で浮かび上がらせるオブジェ。岡山市、おかやま観光コンベンション協会、山陽新聞社で構成する実行委が、ほのかな明かりに被災者へのメッセージを託そうと企画した。
 ワークショップは参加無料で4月27日正午-午後5時に随時受け付ける。1回7人ずつで所要時間は30分-1時間。軍手を持参。問い合わせは岡山城事務所(086 225 2096)。

↑このページのトップヘ