つれづれなるままの岡山駅・「イオンモール岡山」  GPSの周辺から イオン 中心 グローカル 366 GPS aps

つれづれなるままの 岡山駅・「イオンモール岡山」GPSの周辺から イオン 中心 グローカル 366 GPS aps

2017年04月

イオン  岡山 周辺 、有機農産を4年で6倍に 認証制度も活用  

イオン 岡山 周辺 節約志向層の「イオン離れ?」 値下げ効果は限定的? 値下げ 平均10%

 イオンは19日、食の安全や環境負荷に配慮した商品などの調達に関する目標を発表した。2020年までに、すべてのプライベートブランド(PB)の農産物で食品安全の国際標準「グローバルGAP」を取得する。有機農産品は、主要企業の農産物販売額に占める割合を現在の6倍となる5%に引き上げる。取引先の生産者などに各種の認証取得も促す。

 PBの農産物では現在約2割がグローバルGAPに対応しており、これを全商品に広げる。総合スーパー(GMS)の約140店で販売する有機農産品は300店程度に広げ、品目数も現在の約40から2~4倍に増やす。

 水産物に関する国際認証「MSC」「ASC」については、対応する企業が連結対象のスーパーの7割にとどまるが、これを100%にする。PBの主な紙製品では、森林管理に関する認証「FSC」などを取得する。

 欧米に比べ、日本ではこうした認証制度の認知度が低いとされる。ただ、東京五輪・パラリンピックでは大会組織委が食材の調達方針でGAPの取得などを求めており、イオンは国内でも関心が高まるとみて取り扱いを増やす。国際的な認証制度の活用で、商品の輸出にもつなげたい考え。
///////
国際認証品に全面切り替え  イオン生鮮PB、20年めど



流通大手のイオンは19日、プライベートブランド(PB)で販売する生鮮品を、2020年をめどに国際規格の認証制度の下で生産された商品に全面的に切り替えると発表した。より安全安心でおいしい食品を求める消費者の声に応える。

 認証制度は農産物の場合が「グローバルGAP」、養殖の水産物は「ASC」といった具合だ。いずれも生産管理や環境配慮の徹底ぶりを示す基準で、イオンは安全性などのお墨付きを与えられた生産者からの調達を増やし、目標を実現する。

 PB商品のうち、こうした認証に沿ったものは農産物が2割程度にとどまるなど、現状ではまだまだ少ない。

///////
イオン、PB生鮮品などを国際規格に準拠へ


イオンは19日、プライベートブランド(PB)で販売する生鮮品などについて、平成32年までに、食品安全や環境保全に関する国際規格の認証制度に準拠させる方針を発表した。対象となるのは、農産物▽畜産物▽水産物▽紙・パルプ・木材▽パーム油。国際基準に基づいて生産された商品を調達・販売することで、持続可能な社会の実現に貢献する。

 具体策としてPBの農産物は32年までに、すべての商品を食品安全の国際規格に対応させる方針だ。また、有機農産物の売上高構成比を5%に引き上げる。

 水産物は、傘下スーパーで現在約7割にとどまる国際認証への対応を、100%にする。乱獲や一定の大きさに達していない水産物の調達をやめ、水産資源を保護する。紙・パルプ・木材も主要なPBは、森林管理の国際認証を取得した原料の100%使用を目指す。


///////

「イオン持続可能な調達方針」「持続可能な調達2020年目標」を策定

[イオン株式会社]

イオンはこのたび、農産物、畜産物、水産物、紙・パルプ・木材、パーム油について「イオン持続可能な調達方針」、および「2020年の調達目標」を策定しました。グローバル基準に基づいて生産された商品の調達を推進することにより、真に「安全・安心」な商品をお客さまにご提供し続けるとともに、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

「お客さまを原点に平和を追求し、人間を尊重し、地域社会に貢献する」という基本理念のもと、イオンはグループ一体となって積極的にCSR活動を推進し、企業成長と社会の発展を両立させる「サステナブル経営」を実現するため、2011年に「イオン サステナビリティ基本方針」を制定しました。2014年には「サステナブル経営」をさらに前進させるべく「ビッグチャレンジ2020」を掲げ、CSR活動と事業活動が一体となった経営の実現をめざし、さまざまな取り組みを進めています。

このたび、「ビッグチャレンジ2020」にも掲げる「サプライチェーンにおける持続可能な調達ガイドライン制定」に基づき、下記の通り、調達方針と目標を定めました。

これらの取り組みは、2015年に国際連合が採択した「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に含まれる持続可能な開発目標(SDGs)に適うものでもあり、イオンは事業活動を通じて社会課題の解決に向けて貢献してまいります。


イオン持続可能な調達方針・2020年目標

▼農産物
<イオン持続可能な調達方針>
自然・生態系・社会と調和のとれた持続可能な農産物の調達に努めます。
自らも野菜を栽培することで安全でおいしい野菜を提供し、安心してくらせる食の未来の創造に貢献します。

<持続可能な調達2020年目標>
・プライベートブランドは、GFSI※1ベースの適正農業規範(GAP)管理の100%実施をめざす
・オーガニック農産物売上構成比5%をめざす

▼畜産物
<イオン持続可能な調達方針>
自然・生態系・社会と調和のとれた持続可能な畜産物の調達に努めます。
自らも牛肉を生産することで安全でおいしい牛肉を提供し、安心してくらせる食の未来の創造に貢献します。

<持続可能な調達2020年目標>
・プライベートブランドは、GFSIベースの食品安全マネジメントシステム(FSMS)または、
 適正農業規範(GAP)による管理の100%実施をめざす

▼水産物
<イオン持続可能な調達方針>
資源の枯渇防止と生物多様性保全の観点から、定期的にリスク評価を行います。
また、リスク低減のために、実行可能な対策を検討し、持続可能な水産物の調達に努めます。(*1)

<持続可能な調達2020年目標>
・イオン(株)連結対象の総合スーパー、スーパーマーケット企業で、
 MSC※2、ASC※3の流通・加工認証(CoC)の100%取得をめざす
・主要な全魚種で、持続可能な裏付けのあるプライベートブランドを提供する

▼紙・パルプ・木材
<イオン持続可能な調達方針>
適切に管理された森から生産された木材やパルプを商品の原材料や店舗の資材に活用し、森林破壊の防止に努めます。(*2)

<持続可能な調達2020年目標>
・主要なカテゴリーのプライベートブランドについて、持続可能な認証(FSC※4 認証等)原料の100%利用をめざす

▼パーム油
<イオン持続可能な調達方針>
商品の原材料として使われるパーム油について、森林破壊の防止及び生物多様性に配慮した調達に努めます。

<持続可能な調達2020年目標>
・プライベートブランドは、持続可能な認証(RSPO※5等)原料の100%利用をめざす

(*1)
水産物に関する調達方針は、2014年に「イオン水産物調達方針」として先行して定めたものです。

(*2)
紙・パルプ・木材に関する調達方針は、2016年に「イオン森林資源調達方針」として先行して定めたものです。

※1 GFSI(Global Food Safety Initiative):世界食品安全イニシアチブ
グローバルに展開する小売業、食品メーカーで構成するTCGF(The Consumer Goods Forum)傘下の食品安全の推進団体。食品安全の認証も実施

※2 MSC(Marine Stewardship Council):海洋管理協議会
持続可能で社会的に責任ある方法で漁獲された天然水産物を認証

※3 ASC(Aquaculture Stewardship Council):水産養殖管理協議会
環境や社会に配慮した養殖場で生産された水産物を認証

※4 FSC(Forest Stewardship Council):森林管理協議会
管理や伐採が、環境や地域社会に配慮して行なわれている森林を認証

※5 RSPO(Roundtable on Sustainable Palm Oil):持続可能なパーム油のための円卓会議
世界的に信頼される認証基準の策定とステークホルダー(関係者)の参加を通じ、持続可能なパーム油の生産と利用を促進


ご参考~イオンの持続可能な調達 ロードマップ~



持続可能な農業に基づく商品として、イオンでは1993年には「人にやさしい、地球にやさしい」というコンセプトに基づく有機栽培等による自社ブランド「グリーンアイ」(現「トップバリュ グリーンアイ」)の農産物をいち早く発売しました。

2002年には、国際的な農業生産工程管理基準である「Eurep GAP(現Global GAP※1)」に基づくAEON GAPを導入し、持続可能な農産物の生産、提供に取り組んでいます。

また、「イオン農場」の農場運営を行うイオンアグリ創造(株)では、2009年の会社設立当初より、Global GAP手法を取り入れた農場管理を行っています。これは農業生産活動の各工程で、点検項目に沿った正確な実施・記録・点検・評価を継続的に実施するもので、現在直営のすべての「イオン農場」では、世界で最も普及している農場運営の認証である「Global GAP」を取得し、毎年認証を更新しています。さらに、GAPの取得を目指す一般の生産者の方々の支援や、GAP実践方法を伝える講師の派遣等を実施することで、世界的に認められる認証を得た日本の農産物の生産拡大に寄与しています。

水産物においては、2006年に「海のエコラベル」として知られ、持続可能で社会的に責任ある方法で漁獲された天然水産物であることを示す国際認証「MSC※2認証」を取得した商品の販売を開始。続いて、2014年には、環境や社会に配慮した養殖場で生産された水産物であることを示す「養殖版海のエコラベル」の「ASC※3認証」を取得した商品をアジアの小売業で初めて販売するなど、限りある資源の保全につながる取り組みを継続しています。

※1 GAP(Good Agricultural Practice): 適正農業規範・農業生産工程管理
※2 MSC(Marine Stewardship Council):海洋管理協議会
※3 ASC(Aquaculture Stewardship Council):水産養殖管理協議会

以上

イオン 岡山 周辺 節約志向層の「イオン離れ?」 値下げ効果は限定的? 値下げ 平均10%
aeon イスター

 
電気料金や保険料、航空会社の燃油サーチャージ、輸入小麦、オリーブオイルなど、2017年度に入り値上げが相次ぎ、消費者マインドを冷え込ませる。

そうした中、小売り大手のイオン <8267> 傘下の総合スーパー事業を担うイオンリテールは、プライベートブランドと国内メーカーが提供する食品や日用品を最大254品目値下げする方針を明らかにした。値上げの潮流に逆行するイオンの値下げ攻勢の狙いはどこにあるのか。

昨年秋に続く値下げ、既存店の売上下落に歯止めかからず
イオン,値下げ



今回の値下げの主な内容は、プライベートブランドのトップバリュの「天然微炭酸の水(485ml)」が149円(税込)から105円(同)と30%ほど安くなるほか、キャノーラ油(1000g)は278円(同)から213円(同)など、15品目が4月17日より順次値下げとなる。また、国内メーカー商品は、ドレッシング、カレールー、牛乳、菓子パン、冷凍食品、洗剤やシャンプーなどを2.0%-18.9%の値引きに踏み切った。

イオンは物流の効率化や原料調達先を厳選したほか、メーカー各社から国内メーカー商品を一括で仕入れるなどの施策を通してコストを削減し、対象商品の値下げを実現していく。特に、牛乳やパン、冷凍食品、油など購入頻度が高い商品を対象にすることで、顧客への価格訴求力を向上していきたい考えだ。

新年度のスタートとともに、大規模な価格改定に乗り出したイオンだが、値下げは今回が初めてではなく、16年11月から順次、トップバリュ商品134品目を値下げに踏み切っている。

昨秋の値下げで販売のテコ入れを図ったが、2017年2月期の第4四半期にあたる16年12月から17年2月の期間、イオンリテールの既存店では食品の売上は前年同期比2.5%減少と、値下げの効果は限定的だった。

17年2月期決算では、食品の売上は通期で前期比1.3%落ち込んだ。同決算では、イオンリテールの純利益は前年比で54.4%減の73億円と大幅に減少する事態に陥った。

イオンはこれまで電子マネー「WAON」やイオンカードの発行で顧客の囲い込みを進めてきた。WAONの発行枚数は約6400万枚に上り、毎月10日に電子マネー200円の支払いで5ポイント獲得できるキャンペーンを展開している。さらに、16年6月からは、現金の支払いでもポイントが貯まるWAON POINTカードを発行。買い物のほか、ウォーキングや環境保護活動に参加することでもポイントを獲得できるサービスだ。WAON POINTカードの稼働人数は3000万人(16年8月末時点)に達し、電子マネーを利用しない顧客の取り込みを促進した。

商品の値下げ、新たなポイントカードの発行と、あの手この手で消費喚起を狙ったものの、売上高の落ち込みに歯止めはかからなかった。イオンは大規模な値下げに踏み切ったが、価格競争力の面では、ライバル店に引けをとるケースもある。ドラッグストアでは類似商品がさらに安い値段で提供されていたり、働く世代で買い物に時間をかけられない世帯が日用品の購入にネット通販を利用したり、イオンの顧客囲い込み戦略からすり抜けるように、消費者は安い小売店や利便性を求めて買い物先をシフトする。

ポイントアップでお買い得感を求めるより、販売価格そのものがより安い商品を消費者が望んでいる傾向が浮かび上がる。それほど、さまざまな商品・サービスの値上げを受けて消費者マインドが冷え込み、節約志向層がイオン離れに繋がっているともいえるだろう。

消費者の節約志向に苦しんでいるのはイオンだけではない。セブンイレブンも4月から国内メーカーの日用品を中心に61商品の値下げを決定した。小売業で勝ち組とされるコンビニといえども、購入頻度の高い日用品を、ドラッグストアなどの実勢価格に対抗して値下げを迫られた格好だ。この措置により、例えば「システマハブラシ」は、265円(税込)から30円(同)値下げとなる。セブンイレブンは、グループ会社のスケールメリットを活用した仕入れ体制を強化することで、日用品の販売でもドラッグストアやネット通販などとの競合を目指す。

小売業界の両雄の値下げの動きは、業界全体に波及し、節約志向に拍車がかかる可能性もある。大規模な値下げに踏み切ったイオンだが、さらなる追加の値下げも示唆しており、消費者の節約マインドとのにらみ合いの消耗戦が当面続いていきそうだ。


//////

セブンやイオンなど相次ぎ値下げ 、脱デフレは幻想?

食料品などの値上げが相次いでいる中で、セブン-イレブンやイオンなど流通各社が次々と値下げを発表しています。何が起きているのでしょうか。
 コンビニ最大手のセブン-イレブン。19日から洗剤や歯磨き粉など、日用品61品目を値下げします。歯ブラシは30円引き、綿棒は64円引き、平均で5%の値下げです。
 大手メーカーの商品の値下げは実に8年ぶり。その狙いは・・・
 「スーパーやドラッグストアを筆頭にした世の中の(安い)小売価格に近づいている」(セブン&アイ・HD広報 戸田雄希さん)
 背景にあるのは消費者の節約志向の高まりです。家庭の出費は12か月連続でマイナスです。
 「安いところを見つけたら、そこで買う」(買い物客)
 消費低迷の長期化にスーパー最大手のトップは・・・
 「脱デフレは大いなるイリュージョン(幻想)だった」 (イオン 岡田元也 社長)
 イオンの岡田社長は、政府の掲げた「デフレ脱却」は幻想だったと指摘。増税やメーカーの値上げで業績が悪化したというのです。
 「当時の政府やマスコミもあったかもしれないが、いわゆる“値上げどう喝”ですね。これに屈したと思います」(イオン 岡田元也 社長)
 今週から値下げする商品を新たに最大254品目、拡大しました。4月から大手メーカーが値上げする食用油は、イオンのプライベート商品では65円の値下げです。来月は電気料金やティッシュなどの値上げを控える中、流通各社はさらなる値下げに踏み切れるでしょうか。


イオン 岡山 周辺 岡山市で桜満開 昨年より6日遅く
岡山城 と 桜 絶景 DSC_0379
岡山城 と 桜 満開 絶景 「2017岡山さくらカーニバル」会場

岡山城とさくら DSC_0665 - コピー - コピー のコピー
(岡山城 ✖︎ mt と 桜 満開 )

岡山地方気象台は7日、岡山市で桜(ソメイヨシノ)が満開になったと発表した。平年より1日、昨年より6日遅い。 気象台職員が午前10時ごろ、同市・後楽園の標本木で8割以上の花が咲いているのを確認した。1日に開花を発表した後、気温の高い日が続き、一気につぼみが開いたという。 7日の同市内はおおむね曇り空となったが、後楽園近くの旭川河川敷で開催中の「2017岡山さくらカーニバル」会場は、淡いピンク色に染まった桜並木を楽しむ家族連れらでにぎわった。 岡山地方気象台は「向こう1週間、気圧の谷の影響で曇りやすく、雨が降る日もあるだろう」と予報している。
岡山城 と 桜 絶景 DSC_0364
岡山城 と 桜 満開 絶景 「2017岡山さくらカーニバル」会場

岡山城 と 桜DSC_0500 aa
岡山城 と 桜 満開 絶景 「2017岡山さくらカーニバル」会場
岡山城 と 桜DSC_0580 aa
岡山城 と 桜 満開 絶景 「2017岡山さくらカーニバル」会場

岡山城 と 桜DSC_0343 aa
岡山城 と 桜 満開 絶景 「2017岡山さくらカーニバル」会場
岡山城 と 桜DSC_0568 aa
岡山城 と 桜 満開 絶景 「2017岡山さくらカーニバル」会場

DSC_0688 aa
岡山城 と 桜 満開 絶景 「2017岡山さくらカーニバル」会場
DSC_0666 aa
岡山城 と 桜 満開 絶景 「2017岡山さくらカーニバル」会場
DSC_0553 aa
岡山城 と 桜 満開 絶景 「2017岡山さくらカーニバル」会場
DSC_0660 aa
岡山城 と 桜 満開 絶景 「2017岡山さくらカーニバル」会場

岡山城 と 桜DSC_0332 aa
岡山城 と 桜 満開 絶景 「2017岡山さくらカーニバル」会場
岡山城 ポップ 桜DSC_1930 - コピー のコピー


//////
参考
清明 澄んだ青空に映える桜 「2017岡山さくらカーニバル」/  花見客らでにぎわう津山城跡

岡山や倉敷の花見スポット紹介  / 井笠・備後の花見スポット紹介

画像 「2017岡山さくらカーニバル」

イオンモール 岡山 周辺 岡山市で桜満開 昨年より6日遅く

////// 








////// 

イオン 岡山 周辺 岡山神社・蚤の市 10回の節目


 岡山市北区石関町の岡山神社で8日、蚤(のみ)の市が開かれる。年2回ペースで続け節目の10回目。実行委の声掛けで出店数は少しずつ増え、今回はアンティーク品を中心に飲食や生花といった物販、ワークショップを合わせて約30のブースが並ぶ。 アンティーク品は岡山、倉敷市をはじめ広島や愛知、愛媛県などの計20店が、家具や玩具、ガラスの器、本などを持ち寄る。飲食ブースではコーヒーやおにぎり、焼き菓子などを売り、ワークショップはモモの木の枝を使った染め物などを行う。 蚤の市は地域のにぎわいづくりを目的に、同神社宮司の久山信太郎さん(38)が発案。アンティークショップの関係者が実行委をつくり、2012年10月から春と秋の大祭に併せて催してきた。 徐々に知名度が高まり、子どもから高齢者まで幅広い年代の人が訪れるという。当初はアンティーク品のみだったが、同神社近くの飲食店やフラワーショップなどにも頼み、バラエティーに富んだ出店となってきた。実行委メンバーの三宅希歩さん(25)=岡山市北区=は「リピーターの方も多く、ぬくもりのある市になった」とこれまでを振り返り、久山さんは「歴史ある神社の一角で一期一会の出合いを楽しんで」と話している。 午前8時〜午後3時。雨天決行。問い合わせは同神社(086—222—7198)。

イオン岡山で「フランスフェア」

 イオンモール岡山(岡山市北区下石井)内の総合スーパー・イオンスタイル岡山で7日、フランスの食器や食品を集めた「フランスフェア」が始まった。16日まで。 1階特設コーナーで、同国の雑貨ブランド「ラ・ココット・パリ」のエプロンやトートバッグ、食器ブランド「デジュネ・シュール・レルブ」のマグカップや皿など家庭用品約150種類を販売。食品売り場では、ワインや発酵バター、ビスケットを並べている。 同フェアはこれまで食品中心の催事として開いてきたが、今回は日用雑貨を強化。同店は「春から新生活を始める人たちにも、フランスならではのおしゃれな商品として提案したい」としている。

イオン 岡山 周辺 子どもの安全 地域で守ろう JR岡山駅東口広場


入学・進級シーズンに合わせ、岡山県や県教委、県警、学生ボランティアらが7日朝、JR岡山駅東口広場で、地域全体で子どもを犯罪から守るよう呼び掛ける啓発活動を行った。 関係機関の職員と就実大、山陽学園大など県内4大学の学生ら約40人が参加。サッカーJ2ファジアーノ岡山やバレーボールVリーグ女子岡山シーガルズのマスコットとともに「子どもの安全確保に協力を」と駅利用者に声を掛け、啓発グッズ千セットを配った。 県警によると、県内で高校生以下の子どもが被害に遭った犯罪や付きまといの事案は2016年に930件(前年比73件減)あった。今年は3月末現在で150件以上発生している。 大人たちが目配りするなど地域ぐるみでの防犯意識高揚が重要で、ボランティアとして参加した山陽学園大2年の女子学生(19)は「子どもたちが安心して地域で過ごせるように、積極的に声を掛けたい」と話した。

イオン 岡山 周辺 岡山・光珍寺で花まつり (釈迦(しゃか)が生まれたとされる8日)

 
 岡山市北区磨屋町の光珍寺で7日、釈迦(しゃか)が生まれたとされる8日を前に伝統の「花まつり」があり、近くの共生保育園(同幸町)の園児が生誕を祝った。 石渡隆純住職の師である比叡山延暦寺(大津市)の小林隆彰大僧正が「右手は良い心、左手は良くない心を示すと言われている。心を一つにしてお釈迦さまに手を合わせて」などと講話。誕生の際に天から甘い香りの雨が降ったという故事にちなみ、3〜5歳児47人が花御堂(はなみどう)の中の釈迦像(高さ約30センチ)に手を合わせ、ひしゃくで甘茶をかけた。 園児らは祝いの歌を披露した後、「お誕生日おめでとうございます」と声をそろえた。5歳児クラスの男児(5)は「きちんとお祝いができた。楽しかった」と話していた。 同寺は伝統行事に親しんでもらおうと、1998年から近隣の園児を花まつりに招いている。

イオン 岡山 周辺  岡山駅 周辺 新聞をヨム日 活用法や魅力PR  春の交通安全県民運動スタート

新聞をヨム日 活用法や魅力PR  岡山駅東口


 春の新聞週間(12日まで)初日で「新聞をヨム日」の6日、山陽新聞社など岡山県内で新聞を発行する7社と販売業者でつくる県支部新聞公正取引協議会はJR岡山、倉敷駅で、新聞の活用法や魅力をPRする街頭活動をした。 岡山駅東口では加盟社の社員、販売所長ら16人が、新聞を上手に読むこつや仕事での役立て方をまとめた小冊子、読者が幸せに感じた新聞記事を集めた「HAPPY新聞」などのセット500部を若者や会社員らに手渡した。 学芸館高2年男子生徒(16)は「友人や学校の部活動が活躍した記事は目に留まる。若者向けの話題をもっとたくさん載せてほしい」と話した。 春の新聞週間、新聞をヨム日は4月6日の語呂にちなみ、日本新聞協会が2003年に定めた。

/////
春の交通安全県民運動スタート

 岡山県内で6日、「春の交通安全県民運動」がスタートした。15日までの期間中、子どもと高齢者の事故防止を最重点目標に各地で啓発活動を展開し、ドライバーらに交通ルールの順守を訴える。 スローガンは「交通ルール 守るあなたに ありがとう」。JR岡山駅の地下通路広場では県など主催の推進大会があり、交通安全母の会や交通警察協助員ら約100人を前に、伊原木隆太知事が「交通事故死者を一人でも減らすため、みんなが交通ルールを守り、明るい岡山にしていこう」と呼び掛けた。 第二白ゆり保育園(岡山市北区楢津)の年長児26人が「横断歩道を渡ります」などと決意表明。参加者は園児の和太鼓演奏で激励を受けた後、県警音楽隊を先頭に駅地下の岡山一番街をパレードし、買い物客らに啓発グッズを配った。 県警によると、今年に入ってからの県内の交通事故死者は5日現在23人(前年同期比2人減)。うち65歳以上の高齢者は13人(同5人減)。
/////

岡山、倉敷駅で新聞週間PR 本紙など


春の新聞週間(12日まで)が始まった6日、読売新聞など県内で発行する新聞社7社と販売業者でつくる県支部新聞公正取引協議会が、JR岡山、倉敷両駅で試読紙などを配った。

 4月6日の語呂合わせで「新聞をヨム日」とし、読者が幸せな気分になった記事を掲載した「HAPPY新聞」や各社の試読紙など計800セットを用意。岡山駅東口では、午後5時頃から同協議会のメンバー16人が「新聞週間です」などと呼び掛けながら駅利用者らに手渡した。

 就職活動中だという岡山理科大4年上西健太さん(21)は「就活を始めて購読するようになった。新聞を読んで世の中の動きを敏感につかんでいきたい」と話していた。
/////


岡山 春の交通安全県民運動始まる、6日から15日まで

 春の交通安全県民運動が6日、始まった。この日、JR岡山駅東口の地下通路広場で推進大会が開かれ、西郷正実県警本部長や第二白ゆり保育園(北区楢津)の園児ら約130人が参加した。15日まで。伊原木隆太知事は「1件でも多く交通事故を減らして安全な岡山にしていきたい」とあいさつ。園児26人は「飛び出しをしません。みんなで交通ルールを守ります」と大きな声をそろえて決意表明をした。その後、参加者らはチラシなどを配りながら地下街を回り、行き交う人たちに交通ルールを守るよう呼びかけた。

/////

イオン 岡山 周辺 清明 澄んだ青空に映える桜 /さくらカーニバル12日まで延長 

岡山城とさくら 桜
(「岡山城 と 桜」 後楽園東側の旭川河川敷から見える絶景)



さくらカーニバル12日まで延長  「2017岡山さくらカーニバル」

 岡山市・後楽園東側の旭川河川敷で開かれている「2017岡山さくらカーニバル」の会期が12日まで3日間延長される。実行委(岡山県、岡山市、岡山商工会議所、岡山青年会議所、山陽放送、岡山放送、テレビせとうち、山陽新聞社で構成)が4日発表した。 後楽園の標本木(ソメイヨシノ)が平年より3日遅い1日に開花するなど一帯の桜は開花が遅れ気味。蓬莱橋—相生橋間約1・3キロを中心としたカーニバル会場のソメイヨシノ約250本も「三分咲き程度で見頃はまだ続く」(実行委)とみて、当初9日までだった会期の延長を決めた。 4日の岡山市は好天に恵まれ、最高気温は22・2度。陽気に誘われるように、会場には家族連れ、友人グループなどが大勢訪れ、バーベキューや桜の下での記念撮影を楽しんでいた。 夜桜のライトアップ(日没から午後9時まで)も12日まで行う。屋台は飲食を中心に約50店。問い合わせは現地本部(086—273—1213)。

/////

清明 澄んだ青空に映える桜   「2017岡山さくらカーニバル」
桜と友人01
(  桜 と 岡山 美人 スケッチ)
 4日は二十四節気の一つ「清明」。桜や草木の花が次々に咲き、清らかで生き生きと見える時季とされる。岡山県内は高気圧に覆われて朝から晴れ、各地でほころび始めた桜の花が澄んだ青空に映えた。 岡山市では桜(ソメイヨシノ)の開花宣言(1日)が昨年より約1週間遅れたが、ここ数日の陽気で現在は三分咲き。同市・後楽園東側の旭川河川敷で開催中の「2017岡山さくらカーニバル」(実行委主催)会場周辺の桜並木も淡いピンクに染まり始め、花見客らの目を楽しませている。 各地の最低気温は岡山市5・4度(平年7・3度)津山市3・0度(同3・7度)玉野市7・4度(同7・2度)真庭市蒜山上長田氷点下1・0度(同0・7度)など。3月中旬から平年並みだった。 岡山地方気象台は「週末にかけて雨の降る予報だが、南から暖かい空気が入るため、気温は高めに推移する見込み。桜の開花が一気に進む可能性もある」としている。

////////

清明 澄んだ青空に映える桜 「2017岡山さくらカーニバル」/  花見客らでにぎわう津山城跡

岡山や倉敷の花見スポット紹介  / 井笠・備後の花見スポット紹介

画像 「2017岡山さくらカーニバル」
イオン 岡山 周辺 岡山市で桜満開 昨年より6日遅く
//////// 

↑このページのトップヘ