つれづれなるままの岡山駅・「イオンモール岡山」  GPSの周辺から イオン 中心 グローカル 366 GPS aps

つれづれなるままの 岡山駅・「イオンモール岡山」GPSの周辺から イオン 中心 グローカル 366 GPS aps

2017年05月

イオン 岡山 周辺 6月3日に STU48 オリジナル曲をPR  イオンモール岡山 / 岡山 STU48メンバーが県庁でPR 
STU 48  スケッチ

岡山 STU48メンバーが県庁でPR

 アイドルグループ「AKB48」の姉妹グループで、瀬戸内海沿岸の7県を拠点とする「STU48」のメンバー2人が25日、初オリジナル曲のPRに県庁を訪れた。伊原木隆太知事にCDやポスターを手渡し、「瀬戸内の海や空気の良さをアピールしたい」と意気込みを語った。

 この日県庁を訪れたのは、岡山県出身の張織慧(ちょうおりえ)さん(15)と藤原あずささん(19)。張さんは「瀬戸内を背負って頑張っていきたい」。藤原さんは「私たちを通じて岡山をアピールする。うらじゃに参加できるようなグループにしたい」と話した。

 STUは、瀬戸内(SETOUCHI)の略で、現在のメンバーは33人。オリジナル曲「瀬戸内の声」は、AKB48のCD「願いごとの持ち腐れ」にカップリング曲として収録されており、聴いた人がふるさとを思い出すようなバラードになっている。

//////
参考

世界76種類の個性的アイス集合 イオンモール岡山

岡山 西川緑道公園 周辺 「アペリティフの日」 フランスの食習慣を気軽に体験 6月4日


//////

STU48 オリジナル曲をPR  6月3日に イオンモール岡山


 アイドルグループ「AKB48」の姉妹グループとして、瀬戸内地域を拠点に発足した「STU48」(SETOUCHI48)のメンバーが25日、岡山市北区柳町の山陽新聞社を訪れオリジナル曲「瀬戸内の声」をPRした。 岡山県内出身の張織慧さん(15)と藤原あずささん(19)。「瀬戸内の声」はAKB48の新シングル「願いごとの持ち腐れ」(劇場盤)にカップリング曲として収録され、31日に発売される。張さんは「瀬戸内が好きだという気持ちがこもった曲。たくさんの人に聞いてほしい」。藤原さんは「早く顔と名前を覚えてもらい、岡山のいいところを広めていきたい」と抱負を述べた。 STU48は今後、専用劇場を備えた船で瀬戸内海を巡り、各県の主要港で公演を行ったり、地域のイベントに参加したりする予定。6月3日にはイオンモール岡山(同下石井)5階おかやま未来ホールで、午後3時から初の単独ライブを行う。

//////
STU48張織慧、藤原あずさが岡山県知事を表敬訪問

5月25日(木)、「AKB48」の姉妹グループで瀬戸内を中心に活動する「STU48」の岡山県出身メンバーである張織慧と藤原あずさが、岡山県の伊原木知事を表敬訪問した。



国内6番目のAKBグループとして2017年3月に誕生した「STU48」。「1つの海と7つの県」を股にかけ、瀬戸内全体を盛り上げるため活動。メンバーは「AKB48 49thシングル 選抜総選挙」へも出馬し、大きな話題となっている。「STU48」の岡山県出身メンバーは、菅原早記、張織慧、藤原あずさの3名となっている。

STU48初のオリジナル曲となる『瀬戸内の声』の公開されたばかりのMVでは、岡山県瀬戸内市牛窓町の黒島ヴィーナスロードがロケ地となっている。


//////

イオン 岡山 周辺  路面電車岡山駅乗り入れ2案議論   岡山がかわる?

 路面電車のJR岡山駅への乗り入れと同駅東口広場の在り方につて、岡山市が有識者らの意見を聞く検討会の第3回会合が22日、同市役所で開かれた。前回会合で広場のレイアウトを示した4パターンの配置案のうち、イベントや待合などに使う「シンボルゾーン」を拡張する2案に絞り、意見交換した。 2案はともに広場の噴水付近に電停を設け、同ゾーンを200平方メートル拡張した上で案内所兼待合所を新設する内容。両側にあるタクシーと一般送迎のゾーンの位置を現行通りとするか、入れ替えるかで案を分けている。 会合では、シンボルゾーン拡張に異論はなかったものの、結果的にタクシーや送迎のエリアが狭まることに「駅舎からタクシー乗り場までの距離が遠くなり、高齢者や障害者に不便」「送迎スペースが縮小されれば、さらなる混雑が予想される」などの意見が出た。 市は、この日の議論を踏まえて2案の修正案を次回の検討会で示す予定。


イオン 岡山 周辺   特Aの岡山県産米「きぬむすめ」PR  イオンモール岡山


2016年産米の食味ランキング(日本穀物検定協会主催)で岡山県産米として初めて最高ランクの「特A」に選ばれた「きぬむすめ」をPRするイベントが21日、岡山市北区下石井、イオンモール岡山で開かれた。 「きぬむすめ祭」と銘打ち、JAグループ岡山と県が初めて企画した。オープニングセレモニーでは青江伯夫JA岡山中央会長、伊原木隆太知事、生産者の代表らが特Aの初取得を報告するとともに米の消費拡大に向けた決意を述べ、くす玉を割って祝った。 式後、精米300グラム入りの袋が買い物客ら700人に無料配布された。炊きたてのきぬむすめも振る舞われ、総社市立小学校の1年男子(7)は「いいにおいがする。もちもちしておいしかった」と話した。 きぬむすめは程よい粘りと甘みが特徴。16年は津山、赤磐、岡山など23市町の2600ヘクタールで栽培された。県内の量販店や米穀店で販売されている。

イオン 岡山 周辺 GW集客へ多彩な催し (岡山天満屋 VS 岡山高島屋 VS イオンモール岡山など)




ゴールデンウイーク(GW)を迎え、岡山県内の百貨店や大型商業施設が集客イベントを活発化させている。子どもに人気のキャラクター展、特別な遊具の設置、親子で参加する運動会など多彩な催しを企画。書き入れ時にさらに売り上げを伸ばそうと知恵を絞っている。 天満屋岡山店(岡山市)は6階葦川会館で、サンリオの人気キャラクター・シナモンをテーマにした「ふわふわシナモロール展」(中学生以上800円など)を8日まで開催中。白い子犬を模した同キャラの縫いぐるみ200個以上を集めたスポットや、キャラクターが誕生するまでの過程を原画で紹介するコーナーがあり、親子連れらが写真を撮るなど楽しんでいる。 3〜5日にはシナモンの着ぐるみとの写真撮影会もある。同店は「母親世代のファンも多く、家族そろっての来店につなげたい」とする。 改装した屋上を活用したイベントを企画するのは岡山高島屋(同市)。3〜7日はミニ電車の乗車体験(無料)、カレーやスパゲティを提供するランチ営業があり、ミニ四駆を走らせるコースも開放する。広報担当者は「8階では、物産展の中でも一番人気の『大北海道展』を開催中。購入した弁当やスイーツを屋上で食べることもでき、ゆっくりと過ごしてほしい」とアピールする。 イオンモール岡山(同市)は「健康」をテーマにしたイベントを計画している。小学生以上の子どもと保護者で、玉入れや綱引きに挑戦する「ファミリー大運動会」を3〜5日に1階未来スクエアで行う(無料、当日参加枠は各日20人)。6、7日には体力測定や子どもの走り方教室を開く。 天満屋倉敷店(倉敷市)は3〜8日、5階催場で「レインボーキッズパーク」を開く。昆虫や魚の展示、段ボール迷路、輪投げやスーパーボールすくいなどを用意し、250円から参加できる。 「映画のロケ地を巡る聖地巡礼で倉敷を訪れる人を呼び込みたい」とするのはアリオ倉敷(同市)。同市下津井地区を舞台にしたアニメ映画「ひるね姫」のフォトスポットを館内に設け、記念撮影した人を対象に、同映画の神山健治監督のサイン入り「小説ひるね姫」などが当たるキャンペーンを7日まで行っている。 三井アウトレットパーク倉敷(同市)は3〜5日、倉敷市などのパン店や菓子店を集めた「いろどりマルシェ」を開催。3〜7日は倉敷美観地区との間を往復する無料シャトルバスを運行し、観光客を取り込む。

イオン岡山で「エヴァンゲリオン展」 初公開300点含む1300点公開
エバンゲリオンDSC_0449
(  イオンモール岡山  エヴァンゲリオン展) 

岡山駅前のイオンモール岡山(岡山市北区下石井1)5階おかやま未来ホールで現在、「エヴァンゲリオン展」が行われている。主催はイオンモール岡山、OHK岡山放送、朝日新聞社。


 SFアニメ「エヴァンゲリオン」は1995年にテレビ放映を始め、2007年から映画シリーズを公開。岡山では初めての開催となる同企画展は、映画監督の庵野(あんの)秀明さんと制作会社カラー(東京都杉並区松庵3)が監修し、アニメの制作工程で作成される絵コンテ・レイアウト画・セル画、等身大のフィギュアや映像など1300点を展示する。同企画展では過去最多の展示。同社で制作した生原画と設定資料など300点は初公開となる。

 入場者特典として毎日先着100人に「株式会社カラー10周年記念冊子」を配布。開催初日の4月22日は開場後1時間で配り終え、その後も連日用意した冊子はなくなっている。10代から50代まで幅広いファンが集まり、週末には県外から訪れる熱心なファンもいるという。

 会場前では、岡山放送のキャラクター「OH!くん」とコラボしたクリアファイル(400円)と缶バッジ(380円)、「鉄道模型の店ポポンデッタ」の「エヴァンゲリオン塗装」の新幹線模型など同展限定のグッズを販売。期間中、同モール内の約80店舗で限定コラボ商品、飲食代金割引など特典を用意する。

 開催時間は10時〜19時(最終日は17時まで)。入場料は一般=1,000円、中高大生=700円、小学生=500円、小学生未満無料。5月14日まで。
///////
エバ 岡山
(  イオンモール岡山  エヴァンゲリオン展) 
エバ チラシ
(  イオンモール岡山  エヴァンゲリオン展) 

イオン  岡山  周辺  エヴァンゲリオン展

 人気アニメのエヴァンゲリオン展が、岡山市北区下石井のイオンモール岡山5階おかやま未来ホールで開かれている。映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの原画や、キャラクターデザインを決定するための設定資料などを紹介しており、物語の世界観が堪能できる。14日まで。 約1300点を展示。原画にはデザインの細かな部分の指示を書き込んだものもあり、制作過程の一端に触れられる。1995年に放映が始まったテレビシリーズのセル画、コミック版の複製原稿、人気キャラクターの等身大フィギュアもある。 エヴァンゲリオンは人型兵器のエヴァンゲリオンに乗り、謎の生命体・使徒と戦う少年少女の姿を描く。岡山市の男性会社員(24)は「ワンシーンを作り上げるのに、これほどの労力を費やすのかと驚いた。次回作への期待感が高まった」と話していた。 同展はイオンモール岡山などの主催。入場料は一般千円、中・高・大学生700円、小学生500円(小学生未満は無料)。時間は午前10時〜午後7時(最終日は同5時まで)。問い合わせはイオンモール岡山チケットセンター(086—941—8818)。

■限定メニューやグッズも登場 イオンモール岡山 エヴァンゲリオン展の期間中、イオンモール岡山内の一部店舗には限定メニューやグッズが登場している。 タイ料理店「ロケット キッチン」(7階)は謎の生命体・使徒をイメージした「使徒ガパオ」(ビュッフェ付き、1490円)を提供。ナスで目を、目玉焼きで弱点の光球「コア」を表現しており、上部に散らしたパクチーは強力なバリア「ATフィールド」だ。 皿の上からじっとこちらを見つめてくる使徒に、思わずあの言葉をつぶやきたくなるかもしれない。「逃げちゃ駄目だ。逃げちゃ駄目だ。逃げちゃ駄目だ」。メニューを考案したスタッフ青井純さん(38)はエヴァファン。女性にはやや多めの量だが「勢いよく食べて、使徒を殲滅(せんめつ)して」。 「靴下屋」(4階)には、主人公・碇(いかり)シンジら主要なキャラクターとエヴァンゲリオンの初号機をイメージした、6種類のデザインの靴下がある。 特務機関NERV(ネルフ)のマークもあしらわれていて、メンズ2160円、レディース2052円。限定200足で、すでに半分近く売れている。全種類購入する人も。「キャラクターの気分を味わって」と田中美咲店長(25)。 鉄道グッズを販売する「ポポンデッタ」(5階)は、初号機をイメージした500系新幹線のNゲージ(鉄道模型)、鉄道玩具「プラレール」、箸、ヘルメットなど10種類を扱う。特に、Nゲージは発売前から30件以上の予約が入った人気商品。「エヴァ好きな人も新幹線好きな人も、コレクションの一つとして持ってもらいたい」と桑原靖招店長(33)は話している。
エバンゲリオンDSC_0454
(  イオンモール岡山  エヴァンゲリオン展) 

//////
エバ 新幹線

岡山駅 エバ新幹線

イオンモール 岡山 周辺 山陽新幹線ふれあいデー / 「エバンゲリオン 新幹線」 と 新幹線「ドクターイエロー」


エヴァ新幹線、発進!「新世紀エヴァンゲリオン」(山陽新幹線こだま号) 岡山  /観光に「ひかり」


イオン 岡山周辺 岡山駅 博多-新大阪間にエヴァ新幹線
///////

↑このページのトップヘ