つれづれなるままの岡山駅・「イオンモール岡山」  GPSの周辺から イオン 中心 グローカル 366 GPS aps

つれづれなるままの 岡山駅・「イオンモール岡山」GPSの周辺から イオン 中心 グローカル 366 GPS aps

2017年06月

イオン 岡山 周辺 ホタル(蛍)に配慮、イオンモール消灯 (イオンモール岡山)

 岡山市中心部にある大型商業施設・イオンモール岡山(北区下石井)の近くを流れる能登川用水で、今年もホタルが確認された。夜間照明など生息環境の変化による影響も懸念されたが、イオン開業後も3季連続で姿を見せ、中心市街地の貴重な生息地で幻想的な光を放っている。 「岡山の自然を守る会」によると、今季は5月28日にゲンジボタルとヘイケボタルの計10匹を初めて確認。その後も29日に6匹、31日に4匹が、草木の陰や護岸の石の隙間で見つかっている。 同用水は水質が比較的よく、幼虫の餌となる巻き貝のカワニナも生息。幼虫が川から上陸してさなぎになる土の部分が残っており、数は減っているものの同会が調査を始めた2003年から15年連続で確認されている。 同会はイオン開業後の環境変化を懸念し、12年10月、生息に影響を与えないよう配慮を要望。イオン側も応じる形で、ホタルが光り始める5月中旬から、店舗の外壁にある看板や用水沿いの遊歩道を照らすライトの一部を消している。 5月31日には同会メンバーによる観察会があり、西川用水や枝川用水、大供三股用水(北区柳町)を含めて計18匹を確認した。母親と参加した岡山市内小学校の6年女子(11)は「思った以上にホタルが見られてびっくりした。川にごみを捨てないなど、環境を守っていきたい」と話していた。

///////
2016年



岡山市北区下石井のイオンモール岡山近くの能登川用水で、今季も幻想的に光るホタルの姿が見られる。夜間の照明による生息環境への影響を懸念する声があるが、イオン開業後も2季連続で確認。市民団体「岡山の自然を守る会」は「(開業前から)辛うじて生息を続けている状況に変わりはない。静かに見守ってほしい」と呼び掛けている。

 同用水では、守る会が調査を始めた2003年から毎年、ホタルを確認しているが、その数は減少傾向だったという。こうした中、14年12月にオープンしたイオンは、夜間照明による生息環境への影響に配慮し、ホタルのシーズンには一部の照明を消している。

 守る会によると、今季は18日にゲンジボタルとヘイケボタルを計3匹確認。20日は昨季最多の6匹を上回る7匹、24日は8匹を見つけた。明るさを避けてか、大半は草むらの中や護岸の石の隙間で光っており、歩道から見られるのはわずか。

 一帯は水質が比較的よく、幼虫の餌となる巻き貝のカワニナも多い。さらに、川から上陸してさなぎになる土の部分が周囲に残っていることなどから生息。守る会は「昨年並みに出ているが、楽観できない。生息地の周囲の光を抑えることについて、理解がさらに広がってほしい」と話している。

 このほか、今季は北区柳町、幸町、野田屋町などの西川用水をはじめ、同柳町で西川から西へ分岐する大供三股用水でも確認されている。


//////
2016年

岡山市が2年ぶりに行った2015年度ホタル生息分布調査で、新たに市中心部の北区柳町の西川用水で生息が確認された。西川やその近くの用水では、ヘイケボタルとゲンジボタルの両方が確認された地点も複数あり、街中でホタルのすめる環境が回復しつつあることがうかがえる結果となっている。

 調査は市全域が対象で、前回(13年度)よりも8地点多い200地点でホタルが生息。柳町を含む北、南、中、東区の13地点で新たに見つかったが、前回ホタルがいた北、東区の5地点では確認できなかった。

 市中心部については北区柳町で5匹未満ながらヘイケボタルを確認。これ以外の西川用水では計5地点で前回同様に20匹以下のホタルが生息していた。上流の同岩田町と下流の同南中央町では2種類のホタルが見られた。

 西川から分かれた大供三股用水と鹿田小学校(同大供表町)近くの相模川用水では、前回はヘイケボタルだけがいたが、今回はゲンジボタルもいた。イオンモール岡山(同下石井)そばの能登川用水は前回と同じく両方のホタルを確認した。

 市環境保全課は「市中心部でホタルの確認地点が増えたのは、市民意識の高まりや下水道の普及などで水質が改善しつつあることの表れ。地域ぐるみで自然環境を守る機運を高める施策を講じていきたい」としている。

 調査は1983年に開始。今回は児童や住民計143人の協力を得て15年5~7月に行い、ヘイケボタルのみの確認が25地点、ゲンジボタルのみが105地点、両方70地点だった。

 前回から変動があった地点は次の通り。

 【生息を新たに確認した地点】足守川支流(北区足守)植川用水(同下足守)水路(同上土田)水路(同吉備津)本谷川(同御津高津)宇甘川(同御津虎倉)九折谷川(同)西川(同柳町)御成川(中区徳吉町)祇園用水(同門田屋敷)祇園用水・地蔵川(同赤坂台)庄司場川(南区彦崎)水路(東区瀬戸町南方)

 【生息が確認できなかった地点】金谷川支流(北区平山)菱谷川(同栢谷)大谷川(同吉宗)能登川用水(同島田本町)水路(東区瀬戸町森末)


////// 
参考

////// 

イオン 岡山 3人制バスケ (東京五輪種目) 世界最高峰プレイが観覧無料 8月19・20日


国際バスケットボール連盟(FIBA)承認・世界最高峰3人制バスケットボールリーグ「3x3 PREMIER.EXE(スリー・バイ・スリー プレミアドットエグゼ)」が、全国各地で2017年6月17日よりスタートします。

世界各国のプロのプレイヤーが参加する世界最高峰のトップリーグでありながら「観戦料無料」という、注目の真夏のスポーツイベント。

大型複合商業施設内やターミナル駅前など都市の象徴的な場所にコートが出現し、2017年は広島会場を含む、全国12会場にて開催されます。

▼3人制バスケ「3x3 PREMIER.EXE」とは?

街の象徴的なスポットにバスケットコートが設置され、通常5人のプレーヤーで行うバスケットボールを1チーム3人とし、コートはBリーグで使用されるもののおよそ半分サイズ(横15m×縦11m)で、1試合10分間で実施される。

2017シーズンは18チームが6月〜9月まで、全国12会場をラウンドするツアー形式で戦う。施設や街と融合した競技という点で近年注目されており、試合観戦は無料、当日はMCやDJ・チアガールなどが会場を盛り上げます。

▼3人制バスケ「3x3 PREMIER.EXE」開催地 一覧

スケジュール(試合日程・会場)は以下の通り。

6月17・18日 12:00-17:00 東京・ららぽーと立川立飛
6月24・25日 12:00-17:00 東京・大森ベルポート
7月1・2日 15:00-20:00 愛知・オアシス21
7月8・9日 15:00-20:00 栃木・オリオンスクエア
7月16・17日 12:00-17:00 広島・基町クレド
7月22・23日 12:00-17:00 兵庫県・神戸ハーバーランド
8月5・6日 15:00-20:00 神奈川県・テラスモール湘南
8月12・13日 12:00-17:00 兵庫県・神戸ファッションマート
8月19・20日 12:00-17:00 岡山県・イオンモール岡山
8月26・27日 12:00-17:00 茨城県・まつりつくば特設会場
9月2・3日 12:00-17:00 長崎県・長崎駅前かもめ広場
9月10日 12:00-17:00 東京都・六本木ヒルズアリーナ(プレイオフ)


//////

東京五輪で卓球混合ダブルス 柔道混合や3人バスケも


国際オリンピック委員会(IOC)は9日、スイスのローザンヌで臨時理事会を開き、2020年東京五輪の新種目に、日本のメダル獲得が有望な柔道混合団体や卓球混合ダブルスを選んだ。若者に人気のバスケットボール3人制も初採用が決まった。


卓球混合ダブルスなどが新種目に採用された(世界卓球で優勝した吉村・石川組)
 柔道の混合団体は男女3人ずつで実施。日本勢がリオ五輪で過去最多のメダル12個を獲得した競技だけに大きな期待がかかる。卓球の混合ダブルスは先の世界選手権個人戦で吉村真晴選手(名古屋ダイハツ)と石川佳純選手(全農)のペアが金メダルに輝いた。トライアスロンの混合リレーも入った。

 IOCは五輪改革で男女混合種目の導入や男女の種目数の同数化を推進しており、各競技の国際連盟(IF)の提案を5月のプログラム委員会で精査し、絞り込んだ。

 IOCは夏季五輪の上限を約310種目に設定しているが、開催都市の提案を受けて追加種目に決まった野球・ソフトボールや空手など5競技18種目は別枠扱いとなる。

 臨時理事会では、24年夏季五輪招致を争う米ロサンゼルスとパリを24年と28年の2大会に振り分ける異例の同時決定の是非についても協議した。

//////
参考 
//////
2016 07 10
岡山  3人制バスケのプロリーグ、県内で初めての試合

 3人制バスケットボールのプロリーグ「3×3PREMIER.EXE2016」が9日、岡山市北区のイオンモール岡山未来スクエアで開かれた。県内では初めての試合で、買い物客らが声援を送った。

 音楽やダンス、ファッションなどが融合した新感覚のスポーツ。この日は6チームが出場。会場では音楽が鳴り響き、試合の合間にチアリーダーがパフォーマンスを披露した。

 試合は10日も正午~午後5時にイオンモール岡山であり、地元・岡山のチーム「トライフープオカヤマ.EXE」が出場する。
//////

イオン 岡山 周辺 後楽園で11日「お田植え祭」

岡山市の後楽園で11日、恒例の「お田植え祭」が開かれる。岡山県重要無形民俗文化財の「太鼓田植(たうえ)」を新見市の2団体が披露する。 園内の井田(せいでん)で、午前11時から哲西町はやし田植保存会、午後1時から神代郷土民謡保存会が実演。男衆の太鼓と田植え歌に合わせ、紺がすりにすげがさ姿の早乙女が苗を手植えする。午前、午後に小学生以上の各回先着30人を対象とした無料の田植え体験もある。 入園料は大人400円など。高校生以下無料。問い合わせは後楽園事務所(086—272—1148)。


///////

太鼓に合わせ早乙女たちが苗植え 岡山 後楽園

 岡山市の後楽園で11日、お田植え祭があり、早乙女たちが太鼓や歌に合わせて苗を植える岡山県重要無形民俗文化財「太鼓田植(たうえ)」を披露、観光客らが伝統的な農作業風景を楽しんだ。 新見市の「哲西町はやし田植保存会」と「神代(こうじろ)郷土民謡保存会」が午前と午後に分かれ、園内の井田(せいでん)計約500平方メートルで実演。紺がすりの着物に花がさ姿の早乙女たちが横一列に並び、「さげ」と呼ばれる男衆が打ち鳴らす太鼓と田植え歌に合わせて、もち米の苗約4千株を植えた。 夫婦で観光に訪れた神戸市西区の主婦(76)は「古里の風景を思い出した。実るころに、また訪れたい」と話していた。 お田植え祭は、江戸時代の行事を1962年から再現。もち米は10月中旬に収穫し、正月や3月2日の開園記念行事の振る舞い餅つきなどで使う。

/////// 

イオン 岡山 周辺  市内の路面電車、小1は無料 「路面電車まつり」  岡山駅前

 
 公共交通に親しんでもらおうと、岡山市中心部で路面電車を運行する岡山電気軌道(同市中区徳吉町)は、同市内の小学1年生を対象に無料パスの配布を始めた。10日、JR岡山駅前で記念の贈呈式を開いた。 パスは名刺サイズで、来年3月末まで土、日曜、祝日に限り東山、清輝橋両線の全区間が無料となる。おかでんミュージアム(同東山)への入館も無料でできる。 贈呈式は、この日あった「路面電車まつり」のオープニングに合わせて催され、小嶋光信社長が「電車を通じて街を好きになってもらい、将来の街づくりの担い手になってほしい」とパスを拡大した見本を市内の1年生4人に手渡した。同市立東疇小の男子児童(6)は「家族でいっぱい出かけたい」と笑顔を見せていた。 路面電車まつりは同社本社を含めた2会場であり、子どもたちや親が電車の運転体験や模型の展示などを楽しんだ。

//////
岡山 路面電車まつりでにぎわい 岡山駅前


 JR岡山駅前と東山車庫(岡山市中区)で10日、第22回路面電車まつりがあり、家族連れなど多くの人たちでにぎわった。

 岡山駅前ではキーボードやドラムなどのバンドによる演奏が流れ、訪れた人たちは出店の焼き鳥やかき氷を口にしながら楽しんだ。主催のNPO法人「公共の交通ラクダ」が作った鉄道模型も展示。岡山の町並みをモチーフにしたジオラマの町を鉄道模型が走る様子を、子どもたちは食い入るように見つめていた。

 山陽女子中学・高校のJRC部は、貧困に悩むタイの山岳民族などへの支援のためのチャリティーバザーを出店。手作りクッキーやポップコーンを販売した。

 父親と訪れた小学1年の中堀光一郎君は鉄道模型を見て、「電車が好きだから楽しい」と笑顔だった。

//////

イオン 岡山 周辺  「共謀罪」反対パレード  JR岡山駅前 や 石山公園

 犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案の国会審議が進む中、岡山弁護士会は10日、岡山市中心部でパレードや集会を行い、過度の監視社会を招くなどとして法案の廃案を訴えた。 パレードには弁護士や市民ら約500人が参加。「監視社会への道 共謀罪NO!!」などと書いた横断幕やプラカードを掲げ「市民を巻き込む共謀罪」「強行採決おえんよね」と声を上げながら、石山公園(岡山市北区石関町)からJR岡山駅前までを行進した。 同弁護士会の原智紀副会長は「人権を不当に制約する法案で、反対を強く訴えていきたい」と話した。 パレード前の集会では、市民団体の代表らが廃案に向けて力を合わせていくことを呼び掛けた。


//////


岡山 「共謀罪」反対集会に600人 岡山・石山公園

「共謀罪」の趣旨を含む組織的犯罪処罰法改正案に反対する集会が10日、岡山市北区石関町の石山公園であった。岡山弁護士会が主催し、弁護士や野党議員、市民ら約600人(主催者発表)が参加し、「参院で廃案を」と訴えた。

 日弁連共謀罪法案対策本部担当副会長を務める吉岡康祐弁護士は、「捜査の対象として一般市民が巻き込まれる可能性もあり、監視社会につながる」と指摘。市内の女子高校生(17)もマイクをにぎり、「次の世代に内心の自由が保障される社会を残すことは、私たちの行動次第」と訴えた。

 集会後、参加者は「共謀罪はいけんよね」「強行採決おえんよね」などと声をあげながら、岡山駅前までデモ行進した。

//////

イオン 岡山 周辺 岡山駅でマイバッグ持参呼び掛け


レジ袋の使用を減らしてごみ減量につなげる岡山県の「マイバッグキャンペーン」(6、11月)に合わせ、県や岡山市は9日、JR岡山駅東口広場で通行人に買い物時のマイバッグ持参を呼び掛けた。 県と同市職員、ノートルダム清心女子大(同市北区伊福町)の学生ら25人が参加。「レジ袋削減にご協力を」などと声を掛けながら、通勤、通学途中の駅利用者らにエコバッグとポケットティッシュの啓発グッズ千セットを配った。参加した同大3年南部永弥さん(21)は「周りでマイバッグを持ち歩く人は少ないので、若い世代にも定着させたい」と話していた。 県は毎月10日を「ノーレジ袋デー」と定め、キャンペーン月間には市町村とともに各地で啓発活動を行っている。県が2016年度に買い物客3千人に行ったアンケートではマイバッグ持参率は46・4%(前年度比0・6ポイント増)。

イオン 岡山 周辺 スリランカ医療支援活動に協力を  岡山高島屋前

 豪雨による洪水被害で200人以上の犠牲者が出たスリランカの被災者を支援しようと、国際医療ボランティアAMDA(岡山市)は9日、同市北区本町の岡山高島屋前で街頭募金を行った。 AMDA職員ら9人が「医療支援活動に協力を」などと訴え、買い物客らが浄財を寄せた。スタッフの岩本智子さん(33)は「学用品が水浸しとなり、困っている子どもも多いと聞く。ニーズを把握し、適切に支援したい」と話した。 AMDAは6日、国内から看護師ら2人を現地に派遣。海外支部のAMDAスリランカと合同で医療、物資両面の支援を実施している。 募金は活動費や物資購入費に充てる予定。郵便振替(口座番号01250—2—40709、口座名特定非営利活動法人アムダ、通信欄に「スリランカ洪水」)でも受け付けている。

イオン 岡山 周辺  西川緑道公園「ホコテン!」満喫

 岡山市中心部の西川緑道公園筋で4日、歩行者天国が行われた。2016年度まで2年間続いた市の社会実験から民間主体の定期開催へ移行して初の実施。好天に恵まれ、大勢の家族連れらが街歩きを楽しんだ。 沿道の飲食店や商店、公園を利用するイベント関係者らでつくる実行委員会が「ホコテン!」と銘打ち開催。県庁通り—桶屋橋南の約240メートル区間で、公園西側の市道を社会実験時より1時間早い午前11時から午後4時まで開放した。 水辺の癒やし空間が普段より広がり、テーブルやデッキチェア、ハンモックなどが並んだ。市民らは沿道の店が提供するテークアウトのランチなどを味わったり、水辺の風を感じながら読書や会話を楽しんだりしていた。 同市南区のパート女性(48)は「いつもは車で通る場所で食事が楽しめ、異空間に来たみたい。また足を運びたくなる」と喜んでいた。 実行委によると、この日は約1200人が来場。計7回行われた社会実験のうち直近(3月)を除いた6回の通行量は各回2100〜3400人程度だった。調査法が異なり単純比較はできないが、実行委の山本和志委員長は「感覚的にはこれまで以上の人出で、安心するとともに励みになった。にぎわいをさらに定着させたい」と話した。 歩行者天国は市中心部の活性化が狙い。定期開催となった17年度は今回を含め5回を予定している。次回は7月23日。

//////


 岡山市中心部の西川緑道公園筋を歩行者天国にする「ホコテン!」が4日、開かれた。これまでは市の社会実験だったが、今回から民間でつくる実行委員会が主体。一帯にはハンモックやデッキチェアが置かれ、憩いの空間となった。

 歩行者天国は県庁通りから桶屋橋南の西側の市道約240メートルの区間。沿道のイタリア料理店や居酒屋など3店舗がテイクアウトのランチなどを提供し、通りに設置したパラソル付きのテーブルとイスで食事できるようにした。

 このイベントは昨年度までは市が中心部のにぎわい創出などを目的に2015年度から社会実験として実施。民間主体での継続を打ち出し、今年度からは沿道の店舗経営者やNPO法人などでつくる実行委が企画・運営することになった。

//////

参考
岡山 西川緑道公園 周辺 「ホコテン!」憩いの空間 西川緑道公園筋


////// 




 岡山市中心部の西川緑道公園筋を歩行者天国にする「ホコテン!」が4日に開かれる。2017年度に市の社会実験から民間主体の実行委員会が手掛ける定期開催となり、計5回予定しているイベントの第1弾。一帯にデッキチェアやハンモックを用いた休憩スペースを設けて癒やしの水辺空間を演出するとともに、社会実験より開催時間を1時間長くする。 歩行者天国は、県庁通り—桶屋橋南の約240メートル区間。同公園西側の市道を開放し、無料で利用できるデッキチェア20基とハンモック6基のほか、パラソル付きなどのテーブルと椅子のセットを13カ所に配置する。 イタリアンや居酒屋といった沿道の3店舗は、ランチなどをテイクアウトできるサービスを提供。家族連れやカップルらが川沿いで飲食を楽しみながら、くつろぎのひとときを過ごすことができる。 開催時間は午前11時〜午後4時。実行委は昼前からの人出を想定し、社会実験では正午だったスタートを1時間早め、開催時間を従来の4時間から5時間とする。歩行者天国の区間と野殿橋は、午前10時〜午後5時に自転車と車の乗り入れを禁止。自転車での来場者に配慮し、県庁通りに架かる平和橋近くに無料駐輪場(約30台分)を開設する。 運営は沿道の事業者や同公園を利用するイベント関係者、まちづくりに詳しい岡山大准教授らでつくる実行委13人にボランティアを加えた約30人体制。課題を探るため、来場者数の調査やアンケートも行う計画だ。 実行委は当面、運営のノウハウを蓄積するため、イベント内容は社会実験の大枠を引き継ぐ。この日を皮切りに、17年度は7月23日▽10月8日▽1月28日▽3月18日—のいずれも日曜日に開く予定で、新たに6、7、1月を日程に加えて、四季を通じて街歩きを楽しめるよう工夫した。 開催経費は年間約1千万円を見込み、うち900万円は市の負担金、残り100万円は企業の協賛金や一般からの寄付で賄う。実行委の山本和志委員長は「メンバーでアイデアを出し合い、民間ならではの取り組みを徐々に打ち出していきたい」としている。 3、4日は同公園や下石井公園(北区幸町)で、フランスの食文化をPRする飲食イベントや音楽ステージがある「花・みどりハーモニーフェスタin西川」(市など主催)を同時開催して集客アップを図る。 社会実験は、中心市街地のにぎわい創出などを目的に市が15年度に始め、今年3月までに計7回開催。市は一定の理解が得られたとして、1月に発足した実行委による定期開催に移行した。 問い合わせは、ホコテンが西川緑道公園筋歩行者天国事務局(080—4553—2659)、同フェスタが市庭園都市推進課(086—803—1393)。

////// 

参考

////// 


イオン 岡山 周辺 <STU48>初の単独ライブ熱く AKB48の姉妹グループ“瀬戸内版”

 アイドルグループ「AKB48」の姉妹グループで瀬戸内を拠点にする「STU48」が3日、イオンモール岡山(北区下石井1)で結成後初の単独ライブに臨んだ。詰めかけたファンら約500人を前に、元気いっぱいの歌やダンスを披露した。

 STU48は岡山など瀬戸内海に面する7県が活動拠点。オーディションで選ばれたメンバーの平均年齢は15・6歳(3月末)で3月に33人で結成された。

 この日は初のオリジナル楽曲「瀬戸内の声」やAKB48のヒット曲など5曲を披露。ダンスがそろわない場面もあったが、最後まで生き生きと歌いきった。

 メンバーで県出身の藤原あずささん(19)は「皆さんの熱気に圧倒された。初ライブを岡山でできたことに感謝している」と笑顔を振りまいていた。

 STU48はグループ初の広域アイドルグループで、今後は瀬戸内海での船上劇場を中心に活動する予定。

 笠岡市入江の環太平洋大3年、小野達也さん(20)は「みんな初々しくて、盛り上がって楽しかった。地元にグループができるのは夢みたい。船上劇場にも足を運びながら応援を続けたい」と話していた。

//////

全5曲を熱唱
「会いたかった」
「恋するフォーチュンクッキー」
「365日の紙飛行機」
「ヘビーローテーション」 

と新曲
「瀬戸内の声」



アイドルグループ「AKB48」の姉妹グループとして瀬戸内地域を拠点に発足した「STU48」(SETOUCHI48)の初ライブが3日、イオンモール岡山(岡山市北区下石井)のおかやま未来ホールで開かれた。5月31日発売のAKB48の新シングル(劇場盤)に収録されたオリジナル曲「瀬戸内の声」を披露した。 岡山県出身の菅原早記さん(15)、張織慧さん(15)、藤原あずささん(19)ら12〜21歳の1期生31人と、AKB48と兼務のキャプテン岡田奈々さん(19)が登場。バラード調の曲をしっとりと歌い上げ、ミュージックビデオも映し出された。岡田さんは「瀬戸内の魅力が詰まったこの曲を日本全国に届けたい」と話していた。 ライブは30分で、AKB48の「会いたかった」や「恋するフォーチュンクッキー」や「365日の紙飛行機」や「ヘビーローテーション」も歌い、入場整理券を手にできた500人が声援を送った。 運営会社によると、STU48は専用劇場を備えた船で瀬戸内海を巡り、各県の主要港などで公演。今夏の劇場デビューを目指している。メンバーのうち広島県出身者は7人、香川県は2人。

//////
STU48 熱く 初ライブ<岡山>



アイドルグループ「AKB48」の国内6番目の姉妹グループ「STU48」の初ライブが3日、岡山市北区のおかやま未来ホール(イオンモール岡山5階)で行われた。メンバーの初々しい姿を一目見ようと、約500人の観客が集まり、熱い声援を送った。

 STU48は岡山、兵庫、広島など瀬戸内海に面した7県を拠点に活動するグループとして3月に結成。今回が初めてのパフォーマンスで、約8000人の応募者から選ばれたメンバーら32人が、AKB48の「会いたかった」やSTU48のオリジナル曲「瀬戸内の声」など計5曲を披露した。

 その後、「黒島ヴィーナスロード」(瀬戸内市牛窓町)などで撮影された「瀬戸内の声」のミュージックビデオを全編公開。キャプテンの岡田奈々さん(19)は「瀬戸内の魅力が詰まった曲」とアピールしていた。

 集まったファンは、青や黄など色とりどりのペンライトを振ったり、メンバーの名前を呼んだりしてライブを楽しんでいた。赤磐市の石原いずみさん(19)は「東京や大阪とは一味違う、地方の良さを伝えてくれるグループになってほしい」と話していた。


/////

イオン 岡山 周辺 世界76種類の個性的アイス集合 イオンモール岡山
イオン 岡山 イベント


イオン 岡山 アイス イベント


 イオンモール岡山(岡山市北区下石井)内の総合スーパー・イオンスタイル岡山は1日、国内外の個性的なアイスクリーム76種類を集めた「アイスクリーム博覧会」を始めた。6日まで。 暑さが厳しさを増す時季に合わせ、普段は味わえないアイスをそろえて集客につなげようと初めて企画した。 トルコ名物の伸びるアイス、ドイツで人気のパスタのような見た目のスパゲティアイス、チョコレートクランチや抹茶を使って鉢植えに似せた台湾の盆栽アイスをはじめ、宮城県の牛タンアイスや高知県の焼きナスアイスなどがお目見え。350〜1000円程度で販売され、女性客らが食べ比べしたり、写真を撮ったりしていた。 友人と訪れた同市中区の会社員女性(46)は「イタリアンジェラートを目的に来たけど、他のもおいしそうだったので思わず2個目を買ってしまった」と話していた。

///////


岡山・西川のイベント  2017 6/3 6/4(花・緑 ハーモニーフェスタ)

STU48 オリジナル曲をPR  6月3日に イオンモール岡山
////// 

イオン 岡山 周辺 岡山の百貨店で中元商戦スタート  岡山高島屋 VS 天満屋岡山店


 岡山県内の百貨店のトップを切り、岡山高島屋(岡山市北区本町)で31日、中元の受け付けが始まった。昨年より1日早く、初の5月中のスタート。天満屋各店も6月上旬にギフトセンターを開設予定で、それぞれ地場産品を充実させるなど売り込みに力を入れる。 岡山高島屋は8階特設会場にビールやジュース、ハムの詰め合わせといった見本約900点を展示した。地元の特産品を贈る消費者が増えていることから、県産の白桃やブドウをはじめ、千屋牛、地酒などのPRを強化。景気回復傾向を背景に、平均単価は昨年より100円高い4500円を見込み、3%の売り上げ増を目指す。 初日は売り場の従業員約40人が「頑張ろう」と気勢を上げ、午前10時の開店を迎えた。注文に訪れた同三門西町、会社員女性(53)は「地元の方にはビールやハム、県外の方には岡山らしいマスカットを贈るなど相手に合わせた商品を選び、感謝の気持ちを届けたい」と話していた。 県内では、天満屋の岡山店(同表町)と倉敷店(倉敷市阿知)が6月7日、津山店(津山市新魚町)が同9日に売り場を開設。各店は受注のピークを6月下旬から7月上旬と見込んでいる。


//////
お中元商戦 900点ズラリ  ◇岡山高島屋で受け付け始まる

 岡山高島屋(岡山市北区本町)で31日、中元ギフトの受け付けが始まった。昨年より1日早いスタートで、8階の特設会場にビールや洗剤など約900点を展示しており、今年は千屋牛やマスカット、日本酒など県内の特産品を集めたコーナーも設けた。8月4日まで。

 近年、お取り寄せ感覚で自宅用にも買い求める人が増えており、同社では売り上げは前年比3%増、平均単価は100円アップの約4500円を見込んでいる。

 また、被災地支援やフェアトレードなど、消費を通じた社会貢献への関心も高まっているといい、カタログギフトでは、岩手・陸前高田の「海宝めしセット」や、熊本・阿蘇の「あか牛と夏野菜のグラタン&ドリアセット」を用意した。

 この日は、山田周二社長をはじめ、浴衣や法被姿の社員約40人が「お中元、頑張ろう!」と気合を入れて、午前10時の開店を迎えた。岡山市北区の会社員山川佳子さん(53)は「値段と相談しながらだけど、県外の人にはマスカットや桃を贈りたい」と話していた。

//////

岡山 「お中元商戦」 岡山高島屋、県産ギフトに注力


高島屋岡山店8階(岡山市北区本町)の中元特設会場が5月31日に開設するなど、県内でもお中元商戦が幕を開けた。

 同店の会場は約500平方メートル。900種類ほどの商品が並んでおり、8月4日まで開設する。県産品の需要に対応し、県産の果物やお菓子が並ぶコーナーも設けられた。売り上げが伸びているネット販売にも県産品を増やしたという。

 同店によると、商戦は今月下旬から7月上旬にかけてがピーク。東区の40代の女性は「県外の親戚にあげる品を探しに来た。地元のものを買って贈りたい」と話した。
//////
参考

//////

イオン 岡山 周辺 岡山駅前で「市民の日」PR (15日  イオンモール岡山)


桃太郎像がファジのサポーターに 岡山駅前で「市民の日」PR (15日  イオンモール岡山)


JR岡山駅東口広場の桃太郎像がサッカーJ2ファジアーノ岡山のサポーターに―。岡山市は31日、背番号12のTシャツを同像に着せ、駅利用者らに1日の「岡山市民の日」などをアピールした。

 市民の日のほか、12日に「市民デー」と銘打ってシティライトスタジアム(北区いずみ町)で行われるファジアーノのホームゲームを宣伝するのが狙い。お供の猿、犬、キジも旗を持たせたり、応援用のタオルマフラーを巻いたりした。

 午前7時半から、市職員7人が同像の前などで活動。「市民の日を知っていますか」と声を掛け、市民デーや市民の日の関連行事を記したちらしなど500セットを通り掛かった人たちに配布した。

 同像の“変身”は2012年度から毎年実施。中区国富の会社員(50)は「ファジアーノファンなので毎年楽しみにしている。市民デーも応援したい」と話していた。


/////
岡山駅前の桃太郎像、ファジアーノ岡山とコラボ 岡山市民の日をPR

岡山駅前にある桃太郎像が6月1日、地元サッカーチーム「ファジアーノ岡山」のコンフィットTシャツを着用し「岡山市民の日」をPRした。

 桃太郎像が同チームとコラボするのは6年目で、3日の「岡山市民デー」として行われるジェフユナイテッド千葉戦も併せてPRした。

 1889(明治22)年6月1日が岡山市制施行日であるため、2012年に「岡山市民の日」と定められた。同市のホームページによると「郷土・岡山への理解と関心を深め、愛着と誇りを育み、魅力あるまちづくりを進めていくきっかけとして、市制施行日である6月1日を、市民みんなが岡山市のことを考える日」としている。

 同日、たけべ八幡温泉(岡山市北区建部町)では日帰り入浴料が割引になるほか、岡山城天守閣内(北区丸の内2)では備前焼工房の土ひねり体験が割引になる。

 3日には岡山県運動公園周辺で「美しく快適なボランティア清掃」、4日には浅越スポーツパーク(東区浅越)で「市長杯市民パークゴルフ大会」、15日にはイオンモール岡山(北区下石井1)1階食品売場特設会場で「GGライフを楽しむための健康チェック」などが開かれる。
/////

↑このページのトップヘ