つれづれなるままの岡山駅・「イオンモール岡山」  GPSの周辺から イオン 中心 グローカル 366 GPS aps

つれづれなるままの 岡山駅・「イオンモール岡山」GPSの周辺から イオン 中心 グローカル 366 GPS aps

2017年09月

イオン  岡山 周辺 イオン営業益11年ぶり最高 3~8月16%増、新業態が好調



イオンの連結業績が回復している。2017年3~8月期は営業利益が前年同期比16%増の約840億円になったようだ。3~8月期としては06年の823億円を超え、11年ぶりに過去最高を更新した。総合スーパー(GMS)事業では商圏の顧客層に応じて売り場を変える新業態「イオンスタイル」が好調。食品や日用品の値下げによる客数増も寄与した。


イオンの店舗(千葉市美浜区のイオンスタイル幕張新都心)
 売上高に相当する営業収益は、1%増の4兆1500億円程度だったもよう。グループ内で損益改善が大きかったのはGMS事業だ。同事業の営業損益は赤字が続いているが、赤字幅は前年同期(183億円)から50億円以上縮小したようだ。

 GMS事業では新業態が奏功した。15年から本格的に始め、全国に約50店を展開するイオンスタイルはシニア、家族層、共働きなど商圏に多い顧客の特性に照準を絞った店づくりを進めている。例えば碑文谷店(東京・目黒)は共働きの女性を意識し、素材にこだわった弁当や総菜の品ぞろえ強化で販売を増やした。

(本当だろうか? いつもの金融、不動産、ドラッグストアの3本頼みじゃないんですかね。あの前年割れが続く月次見る限りGMSがいいわけないと思うんだが。8月天気悪いし、値引き分を客数増で補えているわけじゃなさそうだが。ただGMSは所詮年末商戦次第なので今赤字だろうが黒字だろうがあまり関係ないとは思う。イオンは頭悪そうなのが中間決算でGMS赤字だとかいつも騒ぐんだが結局1年で見れば黒字なので。もはや恒例行事ですね。)

//////
参考

イオニスト は万が一に備える! 弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について(平成29年9月25日更新) イオンモール岡山 (帰宅困難者一時滞在施設)  岡山市との協定による避難場所編

////// 
iPhone Android で命を守れ!、弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について(平成29年9月25日更新)

スマホの情報で「命」を守れ! 弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について(平成29年9月25日更新)



弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について(平成29年9月25日更新) スマホで情報 取得編
 

////// 

Yahoo 防災アプリ(万が一のミサイルに備える) /弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について(平成29年9月25日更新)



アプリで「命」を守れ! Yahoo 防災アプリ(万が一のミサイルに備える) /弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について(平成29年9月25日更新)
 


//////
イオン 岡山 ファミリーで「命」を守れ! 弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について(平成29年9月25日更新) 万が一に備える! イオンモール岡山 (帰宅困難者一時滞在施設)  岡山市との協定による避難場所編


イオニスト は万が一に備える! 弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について(平成29年9月25日更新) イオンモール岡山 (帰宅困難者一時滞在施設)  岡山市との協定による避難場所編
////// 

 

イオン 岡山 ファミリーで「命」を守れ! 弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について(平成29年9月25日更新) 万が一に備える! イオンモール岡山 (帰宅困難者一時滞在施設)  岡山市との協定による避難場所編


/////
イオンモール岡山 (帰宅困難者一時滞在施設)  岡山市との協定による避難場所
イオンモール 岡山 49番 500 ss

イオンモール岡山(49番) 周辺 拡大 (詳細 地図PDFは下)

イオンモール 岡山 49  拡大 500

イオンモール岡山 周辺 施設(避難場所) (詳細 地図PDFは下)

イオンモール 岡山 協定による避難場所 500

岡山市HPより
/////
協定による避難場所              災害種別毎避難場所区分
                       津波 洪水 土砂災害
イオンモール岡山
(帰宅困難者一時滞在施設) 北区下石井1-2-1

//////

避難するときの心得

正しい情報をつかみましょう
気象台から発表される注意報・警報や気象情報に注意し、新しい情報の入手に心掛けましょう。
危険を感じたり、避難の勧告・指示(緊急)があったときは、火の始末をして素早く避難しましょう。
非常持出袋等を持って、徒歩で避難しましょう。
がけや堤防など危険な場所には近づかないようにしましょう。
//////

非常持ち出し品をチェック

非常持ち出し袋
「非常持ち出し品」を用意しておきましょう。
あれこれ詰め込みすぎると、荷物が重くなって移動が大変です。
なるべく軽量でコンパクトにしておきましょう。
両手の自由がきくリュックなどにまとめ、持ち出しやすい場所に用意しておきましょう。
//////

非常持ち出し品の一例

懐中電灯
救急医薬品・常備薬(キズ薬、ばんそうこうなど)
携帯ラジオ
貴重品(紙幣や健康保険証など)
予備電池
生活用品(衣類、軍手、缶切りなど)
当面の食料品(乾パンなど)
水(水筒・ペットボトルに入れて)
//////
岡山県 弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について(平成29年9月25日更新)
ミサイル落下時の避難施設情報 00


北朝鮮情勢が緊迫しておりますが、弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。 ミサイルが岡山県に落下する可能性がある場合は、国が、Jアラート(全国瞬時警報システム)を活用して、市町村の防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。(たとえ、日本に向けてミサイルが発射された場合でも、岡山県に影響がない場合は音声は鳴りません。) また、メッセージが流れたら、下記資料を参考に、落ち着いて行動をとってください。 詳しくは、内閣官房国民保護ポータルサイトをご覧ください。
/////
◆Jアラートによる情報伝達の文言変更(9月14日)

 ○Jアラート第1報(ミサイル発射情報・避難の呼びかけ)の文言変更(※変更箇所のみ提示)
(旧)「頑丈な建物や地下に避難して下さい」→(新)「建物の中又は地下に避難して下さい」


 ○上空通過の場合の通過情報の文言変更
(旧)「この地域の上空をミサイルが通過した模様です」→(新)「○○地方から○○へ通過した模様です」
 ※○○地方=最後に通過した地域名(例:関東地方)
 ※○○へ通過=ミサイルが向かった方向(例:太平洋)

//////


http://www.kokuminhogo.go.jp/kokuminaction/index.html

http://www.kokuminhogo.go.jp/kokuminaction/qa.html

http://www.pref.okayama.jp/uploaded/life/530970_4123321_misc.pdf

http://www.kokuminhogo.go.jp/kokuminaction/jalert.html


http://www.kokuminhogo.go.jp/shiryou/nkjalertqa.html
http://www.kokuminhogo.go.jp


http://www.pref.okayama.jp/uploaded/life/530970_4123323_misc.pdf

//////

弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A

【情報伝達の概要について】 

Q1
どのような場合にJアラートが使用されるのでしょうか。
A1
全国瞬時警報システム(Jアラート)は、弾道ミサイルが日本の領土・領海に落下する可能性又は領土・領海を通過する可能性がある場合に使用します。

逆に、日本の領土・領海に落下する可能性又は領土・領海を通過する可能性がないと判断した場合は、Jアラートは使用しません。
なお、日本の排他的経済水域(EEZ)内にミサイルが落下する可能性がある場合は、Jアラートは使用しませんが、船舶、航空機に対して迅速に警報を発します。

Q2
実際、どのように情報伝達が行われるのでしょうか。
A2
政府からJアラートにより情報伝達があった場合は、市町村の防災行政無線等が自動的に起動し、屋外スピーカー等から警報が流れるほか、携帯電話にエリアメール・緊急速報メールが配信されます。

詳しくは消防庁のホームページをご確認下さい。
http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/fieldList2_1.html

【弾道ミサイル落下時の行動(落下又は通過する前)について】 

Q3
「ミサイルが発射された」との情報伝達があった場合は、どうすれば良いのでしょうか。
A3
弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合には、弾道ミサイル発射の情報を伝達し、避難を呼びかけます。

屋外にいる場合は近くの建物(できれば頑丈な建物)の中又は地下(地下街や地下駅舎などの地下施設)に避難してください。

屋内にいる場合は、すぐに避難できるところに頑丈な建物や地下があれば直ちにそちらに避難して下さい。それができなければ、できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動してください。

なお、ミサイルが日本の領土・領海に落下する可能性があると判断した場合には、その時点で改めて、ミサイルが落下する可能性がある旨を伝達し、直ちに避難することを呼びかけます。

Q4
「ミサイルが落下する可能性がある」との情報伝達があった場合は、どうすれば良いのでしょうか。
A4
【屋外にいる場合】
近くの建物(できれば頑丈な建物)の中又は地下に避難してください。
近くに適当な建物等がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守ってください。

【屋内にいる場合】
できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動してください。

Q5
どのような建物などに避難すれば良いのでしょうか。
A5
近くの建物(できればコンクリート造り等頑丈な建物)の中又は地下街、地下駅舎などの地下施設に避難してください。

Q6
近くに頑丈な建物又は地下がない場合はどこに避難すれば良いのでしょうか。
A6
近くの建物の中へ避難してください。近くに避難できる建物がない場合には、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守ってください。

Q7
なぜ建物の中又は地下へ避難するのですか。
A7
ミサイル着弾時の爆風や破片などによる被害を避けるためには建物(できれば頑丈な建物)の中又は地下(地下街、地下駅舎などの地下施設)への避難が有効だからです。

Q8
近くに建物又は地下がない場合はどうすれば良いのでしょうか。
A8
ミサイル着弾時の爆風や破片などによる被害を避けるため、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守ってください。

Q9
避難する際には、避難施設として都道府県知事に指定されている建物又は地下施設に避難しなければならないのでしょうか。
A9
避難施設として指定されているかどうかにかかわらず、近くの建物(できれば頑丈な建物)の中又は地下施設に避難してください。

Q10
自宅にいる場合はどうしたらよいでしょうか。
A10
すぐに避難できるところに、より頑丈な建物や地下(地下街、地下駅舎などの地下施設)があれば直ちにそちらに避難してください。それができない場合は、自宅で、できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動してください。

Q11
建物内に避難してから気を付けることはありますか。
A11
爆風で壊れた窓ガラスなどで被害を受けないよう、できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動してください。

Q12
弾道ミサイルの情報が伝達されたとき、自動車の車内にいる場合はどうすればよいですか。
A12
車は燃料のガソリンなどに引火するおそれがあります。

車を止めて近くの建物(できれば頑丈な建物)の中又は地下(地下街、地下駅舎などの地下施設)に避難してください。周囲に避難できる建物又は地下施設がない場合、車から離れて地面に伏せ、頭部を守ってください。

Q13
車から出ると危険な場合はどうしたらよいですか。
A13
高速道路を通行している時など、車から出ると危険な場合には、車を安全な場所に止め、車内で姿勢を低くして、行政からの指示があるまで待機してください。

【弾道ミサイル落下時の行動(落下又は通過した後)について】 

Q14
「ミサイルは、●●地方から●●へ通過した」との情報伝達があった場合は、どうすれば良いのでしょうか。
A14
政府からの情報について、テレビやラジオで確認してください。

引き続き避難をしていただく必要はありませんが、もし、不審な物を発見した場合には、決して近寄らず、すぐに警察、消防や海上保安庁に連絡してください。

Q15
「ミサイルが●●地方に落下した可能性がある」との情報伝達があった場合は、どうすれば良いのでしょうか。
A15
続報を伝達しますので、引き続き屋内に避難して下さい。
弾頭の種類に応じて被害の様相や対応が大きく異なります。
そのため、テレビ、ラジオ、インターネットなどを通じて情報収集に努めてください。
また、行政からの指示があればそれに従って、落ち着いて行動してください。

もし、近くにミサイルが着弾した場合は、弾頭の種類に応じて被害の及ぶ範囲などが異なりますが、次のように行動してください。
屋外にいる場合は、口と鼻をハンカチで覆いながら、現場から直ちに離れ、密閉性の高い屋内の部屋または風上に避難してください。
屋内にいる場合は、換気扇を止め、窓を閉め、目張りをして室内を密閉してください。
Q16
国民保護サイレン音はどのような時に鳴るのですか。
A16
Jアラートを使用すると市町村の防災行政無線などが自動的に起動し、屋外スピーカーなどから警報が流れますが、この時に原則として国民保護サイレンが鳴ることとなっています。

防災行政無線の設置状況などは、お住まいの市町村にお問い合わせください。

Q17
ミサイル情報を伝達するエリアメール・緊急速報メールの着信音は国民保護サイレン音なのでしょうか。
A17
津波や火山情報などに関するエリアメール・緊急速報メールと同じ着信音です。国民保護サイレン音ではありません。ミサイル情報のエリアメール・緊急速報メールの着信音は以下のサイトをご確認ください。

https://www.nttdocomo.co.jp/service/areamail/disaster_evacuation/index.html

https://www.au.com/mobile/anti-disaster/kinkyu-sokuho/saigai-hinan/

https://www.softbank.jp/mobile/service/urgent_news/about/disaster_info/

http://www.ymobile.jp/service/urgent_mail/disaster_info/

Q18
所有している携帯電話・スマートフォンが、Jアラート作動時にエリアメール・緊急速報メールを受信するか知りたいのですが。
A18
消防庁において、受信可能な機種かどうかの確認方法と、受信できない場合等の対策をまとめて、ホームページに公表しています。こちらをご覧ください。
http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/houdou/h29/05/290511_houdou_1-1.pdf


https://emg.yahoo.co.jp 

アプリで「命」を守れ! Yahoo 防災アプリ(万が一のミサイルに備える) /弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について(平成29年9月25日更新)
//////
【5月9日更新分】


 ◆「弾道ミサイル落下時の行動について(その1)(その2)」
 ◆「弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A」
 ◆[北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達について」
 ◆「北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達に関するQ&A」



【5月11日更新分】
 〇スマートフォンアプリ等による配信サービスの活用



【5月17日更新分】
 〇ミサイル発射時のJアラート鳴動基準
 〇エリアメール・緊急速報メールの着信音


【8月21日追加分】
 〇全国瞬時警報システム(Jアラート)の仕組み

【9月14日更新分】
 ■Jアラートによる情報伝達の文言変更、Q&Aの更新

  ○[北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達について」
  ○「北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達に関するQ&A」
  ○「弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A」

 ■エムネットによる情報伝達のメッセージの変更(市町村等用)の追加

【9月25日更新分】
 ■「弾道ミサイル落下時の行動について」更新
  (文言変更に伴うもの)

/////
北朝鮮ミサイル到達可能範囲  500


/////
万が一の危機に備える? 「北の核ミサイルが東京都心に着弾」に備える

/////
万が一の危機に備える? 北の核ミサイルが東京都心に着弾すれば最悪180万人死亡

ミサイル落下時の避難施設情報

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について(平成29年9月25日更新)


 北朝鮮の核ミサイルが使われた時、東京はどうなるのか。軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏がシミュレーションする。

 * * *
 10月4日、アメリカの有力な北朝鮮専門研究機関「38ノース」が衝撃的なレポートを発表した。「ソウルと東京に核攻撃があったら~朝鮮半島有事の人的被害」というもので、北朝鮮が核攻撃を実行した場合の被害シミュレーションだ。

 それによると、北朝鮮が保有する核ミサイルは20~25発で、核弾頭の威力はTNT火薬換算で15~250kt(キロトン)と推定される。仮に250ktの核ミサイル1発が東京中心部に着弾すれば、死者は約70万人、負傷者は約247万人に達すると推計。最悪の想定では、複数のミサイルが着弾した場合、180万人もの死者が出るという。

 実際に核ミサイルが東京に落ちた場合、どのような光景が出現するのだろうか。

 過去、広島と長崎の被害についてはさまざまな研究がなされてきた。それらの中から、1951年に日米合同調査団が報告した広島(核爆弾は16kt)の調査結果をもとに、仮に国会議事堂上空で核爆弾が爆発した場合の被害を想定した。

■爆風・衝撃波:爆弾が気化して急速に火球が膨張すると秒速数百メートルの衝撃波が発生し、爆心地に近ければ人間はもちろん、車ごと吹き飛ばされ、列車は脱線する。屋内にいて衝撃波に吹き飛ばされなくても、ビルの外壁、ガラスが大破するため、それらが人体を襲う。

■火災:広島では熱戦で可燃物が発火し、広範囲で火災が発生した。2キロメートル以内は大規模火災が発生する。

■地下:広島では爆心地から500メートルの地点にいた人がたまたま地下にいたため、助かった。Jアラートが鳴った場合、近くに地下街、地下鉄があれば退避するのがよい。

■首相官邸:現在、分厚いコンクリートに覆われた建物は少ない。首都中枢では外壁が厚い建造物は国会議事堂くらいだろう。首相官邸の地上部分はガラス張りの外観通り脆弱で、霞ヶ関の省庁も同様。壊滅的被害を受ける。

■交通網:広島とは比較にならないほど自動車が増えた現代の東京は可燃物だらけ。首都高はじめ、主要幹線道路は炎上する自動車で麻痺する。爆心地から1.0キロメートル以内の高速道路橋梁の多くは崩壊する。

■放射線:爆発時に爆風や熱風を直接受けなくても、致死量の放射線を浴びると死に至る。広島では爆心地から1~1.5キロメートルの範囲で推定被曝線量が1500~2000ミリシーベルトだった(現在、一般の人は1年間の被曝線量が1ミリシーベルト以下に法律で定められている)。被爆1週間後には白血球が減少し、多くの人が3~6週間後に死亡した。

■病院:爆心地周辺の病院は壊滅する。被爆者たちの救護は郊外の病院に頼らざるを得ない。

■死の灰:爆発からしばらくすると、上空に舞った放射性物質が地上に降下してくる。いわゆる「死の灰」だ。これらに曝露されると、長期に亘って癌や白血病など「原爆症」に苦しめられる。風向きによるが、仮に南西の風が吹いていれば、遠く茨城県、栃木県にまで及ぶ可能性がある。

 当時の広島と現在の東京では人口密度も、建造物の強度や密度も異なるため、実際に生じる被害とは異なる部分があるだろうが、どちらも平地が多く、被害の広がりは似たイメージになるだろう。

 また、現代都市における被害予測も行われている。2014年に発表された外務省委託研究「核兵器使用の多方面における影響に関する調査研究」報告では、20ktの核爆弾が爆発した場合を想定。爆心地から1キロメートル以内で高速道路の多くが崩壊または大被害となり、ライフラインも壊滅するとし、5キロメートル以内で建造物の窓ガラスや外壁が大破するという。放射線による人体の被害はさらに広範囲に及ぶ。

 それだけではない。北朝鮮が主張するように、彼らが水爆の技術を手にしており、もし水爆が使用されれば日本が被る被害は桁違いになる【※】。これが、リアルな脅威なのである。

【※核実験を繰り返す北朝鮮は、このままいけば将来、水素爆弾を完成させるだろう。その場合、威力は広島に投下された原子爆弾とは比べものにならない。ソ連が開発した史上最大の水爆「ツァーリ・ボンバ」はTNT火薬換算で約50メガトンと言われる。爆心地から半径6.6キロメートル以内は致死性の放射線を浴び、半径16.8キロメートル以内はすべて建物が破壊され、半径75キロメートルまでが重度の火傷を負う。窓ガラスが粉砕されるのは半径111キロメートルにも及ぶ】

●くろい・ぶんたろう/1963年、福島県生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、軍事ジャーナリストとして活躍。『イスラム国「世界同時テロ」』(ベスト新書)、『北朝鮮に備える軍事学』(講談社+α新書)など著書多数。
/////
万が一の危機に備える? 「北朝鮮の電磁パルス(EMP)攻撃」に備える
/////
北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

( 北朝鮮の電磁パルス攻撃 日本、韓国の可能性あり)

<北朝鮮の攻撃力を過小評価するアメリカは「諜報に失敗」している?>

北朝鮮の電磁パルス(EMP)攻撃を受けた場合のアメリカの被害予想は甚大だ。

CIAの核専門家だったピーター・プライらがまとめた報告書で、都市機能や通信網を破壊する電磁パルス(EMP)攻撃によって、アメリカ国内の電力などインフラが破壊され、食糧供給も壊滅することで、人口の9割が死亡する可能性があると試算された。インディペンデントや英サン紙など複数メディアが報じた。

北朝鮮が電磁パルス攻撃を仕掛けた場合、大気圏より上空の弾道を通ってアメリカ(もしくは他の標的)上空に到達すると爆発。目に見えない電磁気エネルギーを放出し、アメリカ全体の電力網、電話回線、さらにはインターネットの接続にダメージを与える。

難易度低いEMP攻撃
北朝鮮の攻撃と言えば、7月4日に発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)が記憶に新しいが、ここに来てなぜEMP攻撃が注目されているのか。

それはEMPの被害範囲が広く、さらにICBMなど他の兵器よりも高い精度を要求されることがないため、攻撃の難易度は下がると報告書は指摘する。

EMP攻撃はアメリカ全土に網羅された電力網にダメージを与え、全国民およそ3億2200万人が利用する通信インフラを破壊することが予測される。忘れてはならないのが、航空機関の管制システムも被害を受けるということだ。

プライは、「(EMP攻撃を受けた場合)北米上空を飛行する旅客機が墜落して最大で50万人の乗客が死亡する」と被害予想を経済紙フォーブスに語った。また、核爆発による放射性物質の飛散で農業をはじめ食糧供給が壊滅的な打撃を受け、国民の9割が1年以内に死亡するとみている。

///////






///////


http://www.gis.pref.okayama.jp/okayamacity/usr/okayama/html/pdf/kouzui/10.pdf

http://www.gis.pref.okayama.jp/okayamacity/usr/okayama/html/pdf/yureyasusa/10.pdf

http://www.gis.pref.okayama.jp/okayamacity/usr/okayama/html/pdf/ekizyouka/10.pdf

http://www.gis.pref.okayama.jp/okayamacity/usr/okayama/html/pdf/zisin/10.pdf

http://www.gis.pref.okayama.jp/okayamacity/usr/okayama/html/okayamacity_pdf_list_bosai.asp

///////

↑このページのトップヘ