イオン 岡山 周辺 イオン最終赤字62億円 3~5月、総合スーパー不振

( イオンモール 岡山 は、大丈夫かな?!)

イオンが6日発表した2016年3~5月期決算は、最終損益が62億円の赤字(前年同期は50億円の黒字)だった。3~5月期の最終赤字は7年ぶりだ。総合スーパー(GMS)の衣料品や日用品の販売が低迷し、収益の足を引っ張った。

 売上高にあたる営業収益は1%増の2兆461億円、営業利益は6%減の328億円だった。

 GMSの落ち込みが大きかった。売上高は1割強増えたが、新規出店やダイエーの店舗引き継ぎがあったため。子会社のイオンリテールの既存店売上高は2%減った。

 消費者の低価格志向が強まってきたが、イオンは「低価格品の投入が遅れた」(岡崎双一執行役)。品質にこだわった商品開発に力を入れたものの「価格に敏感になっている消費者をつかみきれなかった」(同)。

 新規出店や改装の費用が重荷となりGMSは93億円の営業赤字(前年同期は47億円の赤字)。一方、地元商品の品ぞろえを強化した食品スーパーは大幅増益で、ドラッグストアも伸びた。業態間の好不調の差が出た。

 熊本地震による店舗の一時閉鎖などで19億円の特別損失を計上した。西松正人執行役は「3~5月期はおおむね計画通り」と説明。17年2月期通期の業績予想は変えず、最終利益は前期比66%増の100億円の見通し。
/////

似鳥会長が謙遜?「イオンを抜いてびっくり」

「毛沢東作戦」で快進撃、ニトリ新宿に出店へ

今期、30期連続の増収増益を目指している家具チェーン最大手・ニトリホールディングスが見事なスタートダッシュを決めた。

6月30日に発表した2016年度第1四半期決算(3-5月)は、売上高が前期比14.9%増の1370億円、営業利益が同30.9%増の272億円と大幅な2ケタ増収増益を記録した。この間の既存店客数は7.1%増と大きく伸長。6月も16.6%増と伸び、客数が増えていることがわかる。

その要因について、似鳥昭雄会長兼最高経営責任者(CEO)は、「私がテレビに出てボケ役が受けた。テレビCMも含めて良かった。今まで来ていないお客さんに来てもらえている」と分析。「主婦にいったん入ってもらえると、ニトリって意外といいじゃないとなる。今はこの大チャンスをひきつけて、ほかの商品も買ってもらうように継続させていきたい」と鼻息は荒い。

時価総額で小売り3位に躍進

その勢いは株式市場でも顕著だ。企業価値を表す株式時価総額は6月23日に初めてイオンを上回った。7月1日終値でも時価総額は1兆5243億円で、イオンの1兆3968億円を引き離している。現在、小売業ではセブン&アイ・ホールディングス(3兆7797億円)、ファーストリテイリング(2兆9021億円)に次ぐベスト3だ。?

好調な株価について、似鳥会長は謙遜して答えてみせた。

「まさか(イオンを)抜くとは思っていなかった。びっくりしている。今の勢いでいければいいが、一時的なこと。これが2、3年続けば本当の実力として評価されるが、まだうちの実力ではない。イオンは日本一の売上高8兆円を超える企業。必ず利益も株価も上がっていくと思う。うちは運がいいなあ。たまたまなっちゃった」。

だが、ニトリの商品開発などのスピード感は、巨大企業イオンとは違う強さがある。自社で製造から販売まで手がけるSPA(製造小売業)として、進化を続けている。その象徴が足元で販売好調な接触冷感機能を持つNクールシリーズだ。

似鳥会長が解説する。「最初にNクールが多く売れたが、それで満足してはダメだ。次は倍のクールさがあるNクールスーパーを作ってそれが売れたら、また次にNクールWスーパーを作った。他社が真似してきても、うちは常に先に先に一歩行く。一番はこうした商品開発が強いことだ」。

家具においても、自社開発商品であるソファ「Nポケット」シリーズやベッドマットレスシリーズ「Nスリープ」が好調に推移している。

また出店範囲も広げている。足元では郊外ロードサイドから都市部への出店を加速。「都内への出店は今年、来年と目白押しになる。それを毛沢東作戦という人もいるが、うまいこと言うなと思う。田舎の農村から攻めて最後は都心に向かう」と似鳥会長は話す。


銀座店オープンで挨拶する似鳥会長。次は新宿への進出を予定している
 
実際、今後は7月に大田区の東糀谷と山王、墨田区の錦糸町に出すほか、足立区梅島、世田谷区玉川台、狛江市などでも出店計画がある。さらに百貨店への出店も増えている。9月に横浜・港南台の高島屋に初出店するほか、12月には紀伊国屋書店跡地となる新宿タカシマヤタイムズスクエア南館という都心一等地にも出店する計画だ。

店舗開発担当の須藤文弘専務は「もともと(2015年4月に百貨店初の出店だった)プランタン銀座店は実験店として出したので売れなくてもいい店だったが、非常に売れた。ニトリの空白地である都心部のキャパシティはまだある。いろいろな百貨店と関東、関西で検討している」という。

「値上げは今後一切ない」と宣言

懸念材料だった為替も円高に向きつつあり、フォローの風が吹いている。ニトリは自社で製造を手がけ、その多くを中国やベトナムから日本に輸入している。1円の円安は営業利益を16億円押し下げる。今期は1ドル=108円程度でほぼ予約を完了、「来期も103円前半で為替予約しており手当て済み」(財務経理部)という。

今後の価格政策について似鳥会長は、「円高が続くようなら値下げも含めて検討する。値上げは今後一切ない」とし、今後も「お、ねだん以上。」を続けることを宣言した。

今期の業績予想に関しては、期初に発表した売上高5000億円(前期比9.1%増)、営業利益790億円(同8.2%増)を据え置いた。だが第1四半期決算は想定を上回って着地。白井俊之社長も「状況を見て、業績予想の変更を検討していく」と話した。はたしてニトリの勢いはいつまで続くのか。

/////

2014年5月8日 

イオン、積極出店が呼ぶ地方商業圏の地殻変動と、グローカル経営で狙う地方との共存共栄



昨年末にオープンした「イオンモール幕張新都心」(千葉市)。イオンが本社近くに築いた城(旗艦店)として話題を呼んだのも束の間、3月16日、南海電鉄・和歌山大学前駅(ふじと台)にオープンした「イオンモール和歌山」(和歌山市中字楠谷)が日本一のクオリティーを実現したショッピングモールとして、流通業界で注目されている。


 しかし、この巨大モールの話題もすぐに霞んでしまうのではないかと思われるビッグプロジェクトが現在進行している。今秋11月にオープンを予定している「イオンモール岡山」である。竣工すれば、西日本最大のショッピングモールとなる。郊外を中心に展開してきたイオンモールにとっては、県庁所在地の中心駅前に位置する初の都市型店舗である。


 年間の来場者数は「イオンモール倉敷」を上回る2000万人以上を見込む。会社更生法手続き中のバイオ企業である林原から、岡山駅南側の土地を取得して現在建設している。直線距離15キロメートルほど西にある郊外型のイオンモール倉敷との立地的な競合を避ける狙い。地上8階、地下2階で、敷地面積4万6000平方メートル、延床面積25万平方メートル、営業面積は8万8000平方メートル。幕張新都心店と並ぶ旗艦店舗に位置づけられている。専門店350店舗をはじめ、シネマコンプレックス、岡山放送のスタジオ、約600席のホールも入居する予定。


 筆者は、神戸の国立と私立大学の研究所に所属する一方、岡山の私立大学でも教授を務めているため、東京駅から岡山駅まで毎週、新幹線で通勤している。そのため、首都圏と地方都市の両視点から、最新の経済・社会現象を比較的見地から把握できる。グローバル化が叫ばれ高度情報化時代に入った今、どこにいても情報を得ることができそうなものだが、今も主要マスコミのほとんどが東京に集中しているため、ウクライナの政情を知っていても、国内の県庁所在地で何が起こっているかについて東京のビジネスパーソンはほとんど知らない。インターネットを検索すればなんでもわかると思いがちなのも、ビッグデータ時代の死角といえよう。


 中でも首都圏の人々がほとんど目にすることがない情報として貴重なのが、ローカルテレビ局の番組だろう。YouTubeをはじめとする動画検索サイトでさまざまな映像が見られるとはいえ、地方に住むか、活動拠点を持っていないと、意外と重要な情報を見落としがちである。また、番組を見た直後にその内容について地元の人びとと語り合うことはおろか、現地にすぐ足を運び、自分の目で確認することは難しい。


●イオンモール出店を経済活性化につなげる

 4月2日の午後7時から、岡山ローカルのRSK(山陽放送)テレビが2時間特別番組『政令市5年の岡山・生かせるか! ビッグチャンス』を生放送した。イオンモール岡山開店による経済効果と地元老舗百貨店・天満屋を中心に拡がる岡山市街の商店街・表町(おもてちょう)の活性化について議論していた。ちなみに、伊原木隆太・現岡山県知事は天満屋・前社長で、現在は父・一衛氏が会長、その実弟である省五氏が社長を務めている。


 イオンモールができた各地では、商業地の地殻変動が起こっている。岡山でも周囲の商店街だけでなく、天満屋や駅前の高島屋、イトーヨーカドーも安穏としていられない状況だ。その危機感が同番組のテーマでもあった。表町商店街はイオンモールとの共存共栄を図り、買い物客の回遊性を促進し、これを機会に活性化できないかと前向きの姿勢を見せている。400年の歴史を誇る同商店街は、ブランド力を向上し「岡山の銀座」を目指すという。


 岡山はイオンモールの4番バッターとして登場してくるのだが、その前にリーディングヒッターが打点を稼ぐかのように、昨年以降、イオンは怒涛のごとくモールを新規出店している。前述の幕張新都心、和歌山に加えて、東員(三重県)、天童(山形県)、名古屋茶屋(愛知県/6月オープン予定)を、今秋には岡山だけでなく多摩平の森(東京都)、京都桂川(京都府)、木更津(千葉県)の開店を予定している。さらに、15年春にJR旭川(北海道)と北中城(沖縄県)、16年秋には東松本(長野県)を開く計画だ。田中角栄・元首相がぶち上げた「日本列島改造論」ならぬ、「日本流通改造論」を展開しているようにも見える。


●海外展開、新規分野参入も加速

 さらにイオンは日本にとどまらず、アジアを中心にグローバル化を加速している。中国、アセアン諸国等合計14カ国で小売事業や金融事業、サービス事業などを展開。さらに、日本、中国、アセアンにそれぞれ本社機能を設置し、新たな国・エリアへグループ一体となりビジネスを拡大している。まさに「グローバル流通改造論」を実践しているといっても過言ではない。


 また、イオンは4月1日から、通信サービスをセットにした低価格スマートフォン(高機能携帯電話)を総合スーパー「イオン」の携帯電話売り場で発売し、同社の多角化戦略があらためて注目されている。端末は米グーグルと韓国LG電子が開発した「Nexus 4」で本体価格は3万4080円(税抜、以下同)。これに基本料とネット定額を1560円にした携帯電話用ICカード「SIMカード」を組み合わせる。端末代金と基本料、定額のネット接続料を含め、携帯電話大手の半額以下の月額2980円で予約を開始した。


 イオンは、小売、ディベロッパー、金融、サービスをはじめとする事業群と、これを支えるITや商品、物流など、グループ横断的な共通機能会社から成る日本一の「総合流通グループ」(14年2月期連結営業収益は6兆3951 億円、前期比112.5%)になった。これらが有機的に結集することによって生まれるシナジーにより、さらなる成長を加速しようとしている。


●地域密着経営の推進

 最近、地域を重視しながらもグローバルな活動を展開することを表す造語として「グローカル」がよく使われるようになった。まさに、イオンはグローカル企業を目指している。地域の顧客とともに、環境保全や地域の食文化継承、ならびに地域行事にも参加し、施設を提供することで、地域文化の継承に取り組む。また、雇用創出や自治体との包括協力協定の締結など、地域経済の活性化に寄与するため地域密着経営を推進。そして、地域の優れた産品を国内外に広がる店舗網を活用して積極的に販売し、地域経済の振興に努めている。近年では日本の優れた食材を海外の店舗でも販売し、そのすばらしさをアピールしていることも注目に値する。


 イオンモール株式会社の経営理念には、次のように書かれている。


「イオンモールは、『輝きのあるまちづくり』を目指します。

 私たちは、パートナーとともに、輝きのあるまちを創造し、地域で生活する人々の、より彩りあるくらしの実現に貢献し続けます。

 ※輝きのあるまちとは、私たちが創る『驚き、感動、喜び』のある生活拠点によって魅力あふれる新しい生活があるまちのことを指します。

 ※パートナーとは地域社会、行政、NPO、テナント企業、協力企業、地権者、投資家など、街づくりにかかわるすべての人を指します」


 イオンの創業家・岡田屋には「大黒柱に車をつけよ」という有名な家訓がある。「家を支えている大黒柱は、本来動かしてはならないものだが、いつでも車をつけて家を動かせるようにしておけ」という意味である。時代、顧客ニーズの変化、人の流れに柔軟に対応し、店を移動せよ、過去の成功体験にこだわるな、と教えている。


 一部メディアは、この家訓を揶揄して、巨大なショッピングモールをつくっても、儲からなくなればすぐに撤退するのか、それでは企業としての社会的責任を果たしていないではないか、と指摘する。


 イオンモールが進出した地方都市では、完全にインフラとして定着している。ショッピングだけでなく、生活のさまざまな面でイオングループの便益を受ける「イオニスト」が増殖中。これほどまで地域に定着してしまえば、たしかに撤退されると地域住民は困る。だからこそ、イオンモールには持続的成長が求められる。イオンもそうありたいと考えている。


 しかし、イオンも盤石ではない。イオンモールの約70%は、25年までに人口が5%以上減る地域に立地しており、そうした地域は高齢化も著しい。


 いつの世でも、永遠に同じ形の商売が続くわけがない。長くても20~30年といわれる商業施設のライフサイクルを考えれば、いずれ、このインフラの大黒柱を動かさざるを得ないだろう。だが、その大黒柱をどう動かすかが肝心である。それは、撤退という形でなくなっているかもしれない。例えば、今、ファミリー主体のニュータウンでさえ、20~30年後には、高齢者中心のオールドタウンと化す。しかし、その頃には自動車の自動運転が普及していることだろうし、それを利用して、むしろ、歳をとると刺激を求めて、ショッピングモールへ出かけるようになると予測される。イオンモールは広すぎて歩くのに疲れるという高齢者に対しては、売り場と自宅、もしくは休憩スペースをネットで結び、ショッピングを中継するようなサービスも考えられる。


 技術にせよ、サービスにせよ、新しいものが出現すると、とかく負の局面に目が行きがちである。「イオン栄えて、街滅びる」という見方もその一つだろう。そうではなく、正の局面に注目し、「イオン栄えて、街も栄える」という構図を前提に、すべての関係者が「共創」することにより、日本の流通、そして社会が生まれ変わるのではないだろうか。



/////