イオン 岡山 周辺  イベント運営をNPO法人に委託 西川緑道公園

岡山市は11日、まち歩きの新たな魅力づくりを目的に市中心部の西川緑道公園筋で30日に行う2016年度第1回社会実験の詳細を発表した。歩行者天国にする西川筋でのイベント運営を地元のNPO法人に委託し、市民主体のにぎわい創出を目指すとともに、近隣で開かれる催しと一体的に盛り上げ、回遊性の向上を図る。
 初年度の15年度は5月を皮切りに、県庁通りとのセットで3回実施した。西川筋での単独実験は初となる。西側の市道約270メートル(県

庁通り-桶屋橋間)を午前11時から午後5時(野殿橋上は同10時)まで、車の通行と自転車の乗り入れを禁止する。
 歩行者天国は正午から午後4時まで。「ほこてん!」と銘打ち、沿道の店が提供する食事を楽しめるオープンカフェや、飲食のブースを開設。

新たにハンモックとデッキチェアを並べた「のびのびエリア」を設け、春風を感じながらくつろげる空間にする。自然を学ぶ親子のネーチャーツアーもある。
 イベントの企画・運営と、カフェ協力店やブース出店者との交渉などは、同公園のにぎわいづくりに継続的に取り組むNPO法人タブララサ(北区岡南町)に委託した。
 同公園内の野殿橋と、下石井公園(同幸町)を会場に音楽やダンスのステージを繰り広げる恒例イベント「花・緑ハーモニーフェスタin西川」(29、30日)の開催に合わせて実施。全体で3千人の来場を見込む。雨天時は5月1日に順延。
 計画では、16年度の社会実験は西川筋で5回程度予定。うち1回は今秋、県庁通りとセットで実施する。第2回は今夏以降の見通し。
 大森雅夫市長はこの日の記者会見で「将来の歩行者天国の定期開催を視野に、魅力的な取り組みを継続できるよう、実施については段階的に市主体から市民主体に移行していく」と話した。

/////
西川緑道公園筋で「ほこてん!」

◇岡山市30日社会実験

岡山市は11日、市中心部の西川緑道公園筋西側の市道を歩行者天国にする社会実験を、30日正午~午後4時に行うと発表した。「ほこてん!」と銘打ち、県庁通り―桶屋橋間(約270メートル)で、車や自転車の乗り入れを禁止し、歩行者優先の空間にする。

 イオンモール岡山の買い物客を誘導する狙いで、同時開催される「花・緑ハーモニーフェスタin西川」に合わせて実施。市民主体の運営を目指すため、今回は公園一帯でにぎわい作りに取り組むNPO法人「タブララサ」(岡山市)に、空間演出などを委託した。ハンモックやデッキチェアでゆっくりと過ごせるエリアを設けるほか、オープンカフェや飲食の出店もある。

 車などの交通規制は午前11時~午後5時。雨天時は5月1日の同時間帯に順延する。市は歩行者天国の定期開催を検討しており、通行量調査などを行う。今年度は5回程度の実験を実施し、2回目は夏以降に行う予定。

/////