イオン 岡山 周辺 2大流通グループ スーパー事業で厳しい状況続く 「イオン」と「セブン&アイ・ホールディングス」

うれしい話題!
イオンが共通ポイントに参入 「WAON POINT」を開放へ ー 国内最大規模を目指す

(イオン全体が心配ですね! イオンモール岡山のスーパーの食品、惣菜は、品物豊富! おススメです。みんなで、イオンに行こう!)

2大流通グループの「イオン」と「セブン&アイ・ホールディングス」のことし2月期の決算は、本業のもうけを示す営業損益がともに前の年度を上回りましたが、総合スーパー事業は減益や赤字となる厳しい状況が続いています。



両社が発表したことし2月期のグループ全体の決算によりますと、本業のもうけを示す営業利益は、コンビニ事業が好調だった「セブン&アイ」は前の年度より2.6%増えて3523億円と過去最高を更新したほか、「イオン」も食品スーパーやドラッグストアが好調で25.2%増えて1769億円と4年ぶりに増益となりました。
一方で、2つのグループの事業のうち、衣食住に関わる幅広い商品を扱う「総合スーパー」は、衣料品の販売が顧客離れに加えて暖冬の影響もあって大きく落ち込みました。
その結果、「セブン&アイ」傘下の総合スーパー、「イトーヨーカ堂」の営業損益は139億円の赤字と、昭和47年に株式を上場した時以来、初めて赤字に転落しました。
「イオン」の総合スーパー事業は、93億円の黒字を確保しましたが、前の年度より19.1%減少しました。
会見で「イオン」の岡崎双一執行役は、「総合スーパー事業は規模が大きく、改革が思うように進まなかった。ネット通販の拡大や消費者の好みの多様化など世の中の変化に早くついていけるかが重要だ」と述べました。