イオン 岡山 周辺 岡山駅東口バス乗り場が配置替え

JR岡山駅東口バスターミナルの乗り場が28日、方面別を中心にした配置に切り替わった。新たに岡山県庁と法界院駅前の2方面の乗り場を集約。方面は、2013年4月に整理した岡山市役所、日赤病院(岡山赤十字病院)の2方面と合わせて4方面になった。
 県庁方面は9-11番に、法界院駅前方面は12、13番にそれぞれまとめた。これに伴い、他の乗り場も一部変更された。
 この日、同ターミナルに乗り入れているバス会社7社の社員らが始発の午前6時台から順次、停留所付近に立って案内。利用者に乗り場の変更を伝えたり、更新されたばかりの案内板を示したりして、新しい乗り場に誘導した。
 これまで同ターミナルの乗り場は会社別の配置だった。利便性向上を目指し官民で10年余りの検討を重ね、再編した。
 ただ、利用者の中には変更に気付かず、旧乗り場でバスを待っていた人も。また大学4年の女性(21)=倉敷市=は「いつも利用している乗り場が駅から遠くなり、電車からの乗り継ぎが不便になった」と話した。
 県バス協会は「乗車の多い4方面別化に理解を求め、周知徹底を図りたい」と話している。