イオン 岡山 周辺 近くにホタルの姿
イオン 岡山 ホタル00ss
(イオンモール岡山  まちなかホタル)
イオン 岡山 ホタル00aa
(イオンモール岡山  まちなかホタル)
岡山市北区下石井のイオンモール岡山近くの能登川用水で、今季も幻想的に光るホタルの姿が見られる。夜間の照明による生息環境への影響を懸念する声があるが、イオン開業後も2季連続で確認。市民団体「岡山の自然を守る会」は「(開業前から)辛うじて生息を続けている状況に変わりはない。静かに見守ってほしい」と呼び掛けている。
 同用水では、守る会が調査を始めた2003年から毎年、ホタルを確認しているが、その数は減少傾向だったという。こうした中、14年12月にオープンしたイオンは、夜間照明による生息環境への影響に配慮し、ホタルのシーズンには一部の照明を消している。
 守る会によると、今季は18日にゲンジボタルとヘイケボタルを計3匹確認。20日は昨季最多の6匹を上回る7匹、24日は8匹を見つけた。明るさを避けてか、大半は草むらの中や護岸の石の隙間で光っており、歩道から見られるのはわずか。
 一帯は水質が比較的よく、幼虫の餌となる巻き貝のカワニナも多い。さらに、川から上陸してさなぎになる土の部分が周囲に残っていることなどから生息。守る会は「昨年並みに出ているが、楽観できない。生息地の周囲の光を抑えることについて、理解がさらに広がってほしい」と話している。
 このほか、今季は北区柳町、幸町、野田屋町などの西川用水をはじめ、同柳町で西川から西へ分岐する大供三股用水でも確認されている。

イオン 岡山 ホタル00
(イオンモール岡山  まちなかホタル)
/////
岡山中心部用水 今年もホタル確認 イオンモール岡山 近郊
/////