イオン  岡山周辺   スイートピーで装飾 路面電車出発

 岡山市中心部を走る岡山電気軌道(同市中区徳吉町)の路面電車に生花を飾った「スイートピー電車」が15日、お目見えした。21日まで岡山駅前?東山、清輝橋間を1日計約15往復する。
 全国3位の生産量を誇る岡山県産のスイートピーをPRしようと、全農県本部(同市北区磨屋町)と岡山市中央卸売市場の荷受会社・岡山総合花き(同市南区市場)が初めて企画した。「門出」などの花言葉を持つことから、この時季に出荷が本格化するという。
 県内最大の産地・倉敷市船穂地区で栽培したピンク、紫、黄色など淡い彩りの花を2本ずつ、小さな花器に生けて窓枠に飾り付け、乗客の目を楽しませた。初便は貸し切りとなり、蓮昌寺保育園(岡山市北区田町)の園児20人が乗車。県産農産物PRスタッフ「フレッシュおかやま」の大学3年大島弘子さん(21)から1本ずつプレゼントされ、女児(6)は「かわいくていい匂いがする。おうちに飾りたい」と喜んでいた。
 県によると、県内のスイートピーの栽培面積(2013年)は6・1ヘクタール、生産量は約1200万本で宮崎、大分県に次ぐ規模。